スキマ時間に試せる「小顔女子」になるためにやるべきこと・3つ

10019-close-up-of-a-face-of-a-beautiful-woman-pv

最近街を歩いていると顔の小さい女の子が多いな~という印象を受けませんか?むしろこっそり「わたしって小顔♪」なんて思っている子もいるはず。

実際、顔の長さ自体は昔と変わらないものの、身長は伸びているので比率的には顔が小さく見えるようになっているのだとか。また、あごの幅はおばあちゃん世代に比べると5ミリほど短くなっているそうです。女子の小顔化が進んでいるのは気のせいではなく事実なんですね。

その要因として、食べ物が柔らかくなり咀嚼回数が減ったことが挙げられます。あごの発達が未熟というわけですね。そうは言っても、いくら小顔になりたいからといって「よし!今日からプリンしか食べない!」というわけにもいきません。しかも食べ物を噛む回数が減ると、確かにあごは小さくなりますが、ほっぺはたるんでしまうのです!恐ろしい。

美しく小顔になりたいゆとり女子に、いくつか方法を提案してみたいと思います。

スキマ時間にやってみて!オススメ小顔体操

その1、こっそり舌まわし

通勤・通学中の電車の中や学校、オフィスでもこっそりできるイチオシ小顔体操です。舌を歯茎に沿わせて、右に20回、左に20回、一周ずつ回してください。

えっ、それだけ?余裕じゃん、などと侮ることなかれ。頭や顔が結構痛くなるんですよ。1日を通して気づいた時にできるだけたくさんやってあげてください。

その2、顎下の肉をとるエクササイズ

上を向いて下あごを突き出し、そのまま10秒キープ×2回。それを終えたら上を向いたまま、今度は舌を天にむかって突出し、同じく10秒キープ×2回を行ってください。

2重顎予備軍の顎下たぷたぷが削れてきますよ~。これは人前ではなかなかできないと思うので出かける前と寝る前に1セットずつやってみてください。

その3、頬肉をとるエクササイズ

口を縦に伸ばせるだけ伸ばし、下に引き下げます。そして目は自分ができる最大限まで上を見てください。眼球が痛くなるくらいまでです。これを10秒キープ×3回。
頬肉がそげてくれるよう念じながら行いましょう。

小顔

顔に肉が付きやすいのが悩みの筆者はこの3つの体操を1ヶ月ほど続けていますが、特に顎下に効いている気がします。とはいえ全く誰にもその変化に気づいてもらえないので、みなさんと一緒に引き続き頑張りたいと思います。

小顔さんはこれを食べてる!オススメおやつ

間食もしたいけど顔も小さくなりたい!そんなワガママなあなたの願望をすべて叶える「小顔おやつ」を紹介したいと思います。

スルメ

固いスルメをよく噛むことで、顎と頬の筋肉を鍛え、たるみを防止できます。しかもそれだけではなくタンパク質が豊富に含まれているので基礎代謝が向上するのです!さらになんと、アルギニンという美肌作りに欠かせない成分が入っているのだとか。今日からおやつはスルメにするしかありませんね。

グミ

「スルメがいいのは分かってるけど、それでもやっぱり甘いものが食べたい!」という方におすすめなのがグミ。コラーゲンも豊富に含まれているので小顔を目指すなら試してみたいおやつなのですす。中でも「HARIBO」(ドイツ:HARIBO社)や「フィットチーネグミ」(株式会社ブルボン)など、固めのものをおすすめします。個人的に好きなのは「男梅グミ」(ノーベル製菓株式会社)ですね。ただしグミは意外とカロリーが高いのでそこだけご注意をば。

フルーツ

顔が大きく見える原因は、実はむくみだったりします。そんなむくみの解消は、塩分を控えることが第一。さらにカリウムが多く含まれているフルーツを食べると更に効果が期待できます。「バナナ」「キウイフルーツ」「グレープフルーツ」「柿」「林檎」などがいいでしょう。

カワイイは作れる、されどその道は一日にしてならず。コツコツ頑張って理想の小顔を手に入れましょう!

よく読まれている記事