えぇ?!情熱的な恋ができるのは25歳まで…ってホントなの?

whisper-408482_640

みなさんは、一生に一度の恋をしたことがありますか?

「まだだけど、そのうちにしたいな」なんて呑気に構えている諸君!そんなにのんびりしている暇はないかもしれないですよ。

というのも、なんと「情熱的な恋愛ができるのは25歳まで」という情報が入ってきたのです。一体どういうことなのでしょうか。その真相に迫ってみたいと思います。

一目ボレをしなくなる

一目惚れから始まる恋。それはなんだか運命を感じるし、情熱的になりやすいものです。しかし25歳も過ぎると、多くの人はそれなりに恋愛経験を積んできています。

恋愛独特のドキドキ感にも慣れ、安易な一目惚れなどはしなくなるのだとか。よって情熱的な恋に発展する機会もおのずと減ってくるのでしょう。

タイプを決めつけてしまう

いくつかの恋愛経験を経ると、「自分はこんな人がタイプだな」と決めつけてしまう傾向にあります。

そうすると視野が狭くなり、頭で考えて“好きな人”を選んでしまうのです。理論で選んだ相手とは情熱的な恋には発展しづらいのではないでしょうか。

男性が女性にアプローチするのが面倒になってくる

人を好きになるには何回も会うことが大切。これを「単純接触の原理」と言います。学校や会社など、毎日のように会える環境なら有利ですが、そうでないならばデートを重ねるしかないですよね。女性としてはやはり男性側からデートに誘ってもらいたいもの。

これまでいくつもの恋愛を経てきたSさん(男性/38歳)にお話しを伺いました。

「ちょっといいな~、と思った子をとりあえずデートに誘ってみるけど、その程度の子だと1回のデートで面倒になってしまう。若い時はそれでも忍耐強くアプローチできたんだけど、25歳をすぎるとだんだんその情熱が薄らいでくるんだよねえ」

なんと。そんなこと言われたら元も子もないじゃないですか!

「何回かデートを重ねることで“好きツボ”をみつけて、本気で恋をする。僕の場合も3回目のデートのときふざけてじゃれていたら、彼女にかわいらしく頭突きされたのがなぜかツボだった(笑)それがきっかけで本気で好きになったんだよなあ。その彼女が今の妻。何がきっかけになるかわからないから、何度も会うことがやっぱり大事だね」

その人の魅力ってコミュニケーションをとるほどより深く理解できますよね。相手の内面を知ることで本当の意味での恋になるのではないでしょうか。そこまでに至るプロセスが面倒くさくなってしまう境界線が25歳のようです。

いくつかの要因が絡み合って、25歳を過ぎると「情熱的な恋」ができなくなるということが分かった今回の調査。これが大人になるということなのでしょうか。

なんだか焦ってしまいますが、素敵な相手と巡り合えるように、ひとつひとつの出会いを大切にしたいですね。

よく読まれている記事