【衝撃】日本人女性の47.1%がDカップ以上!胸が成長する意外な理由

Girl doing pushups

このたび日本人女性の47.1%がDカップ以上あるという事実が発覚しました。なんと日本人女性人口の半分弱……!

これには貧乳JAPAN代表の筆者は切ない気持ちでいっぱいおっぱいチェリーパイ。古い上にマイナーなネタですみません。

日本人といえば貧乳なイメージがありますよね。それがまあ、ずいぶん豊かになっちゃって。なぜこんなにも胸が成長したのでしょうか。

胸が成長するしくみ

「胸の大きさは遺伝」、というのは真っ赤なウソ。バストの大きさは乳腺の量によって決まります。これを刺激すると女性ホルモンが分泌されるのです。思春期から成人期にかけて最も多く分泌され、多ければ多いほど脂肪がつきやすく、バストも大きくなっていきます。

この時期に激しいスポーツや無理なダイエット、精神ストレスを抱えると女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストが成長しなくなってしまうのだそう。

貧乳の方は思い当たる節があるのでは?筆者も思春期の頃、毎日のようにダンスで激しく体を動かしてました。その上無理なダイエットもしていたため胸が育つはずもありません。今や反動でなかなか肉付きのいい体をしていますが、胸だけは貧乳のまま。まさに誰得ボディの持ち主という残念な結果に……。

とにかく成長期まっただ中の人。悪いことは言わないからマジでダイエットだけはやめた方がいいですよ!

じゃあもう無理なの?

じゃあ、思春期の頃に激しい運動やダイエットをした人は、もう胸を大きくするのは不可能なの!?

あきらめることなかれ、貧乳ナデシコJAPANたちよ。(ナデシコJAPANの皆さまが貧乳といっているわけではありません)おっぱいを大きくする方法はちゃんとあるのです!

ブラジャーのつけ方を正す

日本人女性の約8割が、ブラジャーのつけ方を間違えているといいます。まず、正しいブラジャーをつけるのには、きちんとお店でカップサイズを測ってもらうことが大切。

そして、次に大切なのが「胸のトライアングル」を作ること。鎖骨の真ん中と両サイドのバストトップがきれいな正三角形を描いている位置が、おっぱいの正しい位置なのです。

ブラジャーは、寄せてあげれば上げるほどいいというわけではありません。適切な位置と、一番おっぱいに負担のかからないサイズのブラジャーを選ぶだけでも、1~2カップも上がるのだそうですよ。こんなに簡単なら、Dカップも夢じゃない!?

乳腺の発達を促すには?

先でも述べたように、おっぱいの成長と乳腺の量は密接な関係があります。乳腺の発達を促すには、ホルモンバランスろ整える、睡眠不足を解消する、肩甲骨の歪みを正す、のが効果的。

肩甲骨の歪みを正すことで質の良い睡眠を得られますし、良い睡眠をとるということは、ホルモンバランスを整えることにも繋がります。

おっぱいを大きくするためには、肩甲骨の歪みを正すことから始めるといいかもしれませんね。

食生活が豊かになったからじゃ?→答えはNO

Lunch Break at Japanese High School

普通に考えて、胸が成長したのって食生活が欧米化したからじゃないの?と思いますよね。勿論それもあるとは思うのですが、他にも文化的な背景が大きく影響していると考えられます。

古来、胸が大きすぎると和服を着る際に不恰好になってしまうため小さい胸の方がよしとされていました。

また、昔はより奥ゆかしい女性が求められていました。精神面を重要視され、肉体的なセックスアピールをする必要のない環境のなかで日本人女性は進化をしてきたのです。

これらの要因から、日本は世界でも有数の貧乳大国となりました。

ところが、現在は多くの人が滅多に着物を着ることもありません。そして恋愛市場において肉体的なセックスアピールも必要な時代。そんな環境の変化に適応して、胸のサイズが大きくなったという説が有力と言われています。人間ってすごいですね。

うらやましい巨乳!……それでも悩みは尽きないんです。

そんなわけで増加した巨乳人口。それに比例して「小さく見せるブラ」が売れているのだそうです。ピタッとした服を着たときや薄着の時に、胸が強調され、ファッションを自由に楽しめないことがお悩みの巨乳ガールズ。

男性からは「なぜおっぱいをわざわざ小さくする必要がある!?」と不評のようですが、彼女たちにとっては救世主なのでしょうね。

たかがおっぱい、されどおっぱい。悩みやコンプレックスが尽きないパーツです。それと同時に女性にしかない特別なものでもあります。どんなおっぱいでも一つの個性として愛していけたらいいですね。

【参考】日本人に貧乳が多い理由

よく読まれている記事