【恐怖】20代に広がる「スマホ巻き肩」に注意!貧乳になる恐れも…

79fccf1fe6fa9af6a619c4646d113fd6_m

長時間のデスクワークやスマホの使いすぎにより、肩が前に出て、内側にねじれた状態になる「巻き肩」。健康や美容にさまざまな悪影響をもたらすと話題になっています。

今回は、20代からの現代病とされる「スマホ巻き肩」のセルフチェックリストと予防方法をご紹介します。

簡単!自分でできる「巻き肩チェック法」

四十肩、五十肩といわれるように、肩凝りといえば年配のおじさんがなるものというイメージが強くありますよね。しかし最近は、若い女性の間でも、日常的に首や背中の凝りに悩まされる人が増えているのだそう。

あなたの知らぬ間に「巻き肩予備軍」になっていないでしょうか。早速、チェックしていきましょう。

立っているときの姿勢

まっすぐに立ち、全身の力を抜いた状態で自然に両手を垂らす。このとき、手の甲がやや前を向いている場合は、それだけ肩が内に丸まっているということ。巻き肩の可能性が高いので要注意。

横になったときの姿勢

ベッドにあお向けに寝て、リラックスする。両手を背中に入れたとき、肩がベッドから浮いている場合は、巻き肩の可能性あり。

寿命を縮める!?巻き肩による悪影響

巻き肩になる原因は「姿勢の悪さ」。最近は、スマホやタブレットが普及したことで、頭を下げて背中を丸めた状態でいることが多くなりました。

長時間同じ姿勢でいると、背中の筋肉が硬直し、猫背になっていきます。いったん猫背が定着してしまうと、正しい姿勢に戻すのは難しく、巻き肩がどんどん進行してしまうことも。

それによって、健康や美容面で以下のようなさまざまな悪影響が起こるといわれています。

1.肩こり・頭痛、

姿勢の崩れによって、血行が悪くなり、肩こり・頭痛・めまい・腕のしびれなどを引き起こす。

2.うつ病

呼吸が浅くなると、自律神経が乱れ、交感神経が優位になり、精神的に不安定になる。

3.貧乳に見える

貧乳の人は、猫背によってバストが垂れていることが多い。

4.痩せにくくなる

巻き肩によって筋肉を硬直すると、代謝が悪くなり、痩せにくい体質になる。

5.寿命が縮まる

猫背で呼吸が浅くなると、酸素が十分に体にいきわたらないため、細胞が死滅し、寿命が縮まる可能性も。

スマホ巻き肩の予防法

上記のチェックリストで、巻き肩の可能性があった人は、「ストレッチ」で凝り固まってしまった筋肉をほぐすことが大切。デスクワークの人は、トイレに席を立ったときに伸びをしたり、ランチタイムに軽めのウォーキングをするのもおすすめです。

できれば、根本の原因である「スマホ・PCの使用時間」も見直してみましょう。通勤中や寝る前になんとなくスマホを眺める習慣がある人は、音楽を聴いたり、軽く目を閉じて考え事をしたり、意識的に「スマホを見ない時間」を作ってみてください。

いまや現代人にとって「スマホ」は生活必需品となっていますが、使いすぎは体に毒!ほどほどに賢く利用していきたいですね。

よく読まれている記事