恋愛経験ゼロの女子が陥りがちな「ありのまま思考」ってなぁに?

9f23a3fae5a4412d24818a9d8f2a80f0_m

恋愛に対して消極的な若者が増えるなか、恋愛経験がゼロのまま20代になる男女も増えてきています。彼らは恋愛経験がないことにコンプレックスを抱えながらも「ありのまま」の自分を受け入れてくれる人を求めて迷走しているようです。

「みんなちがってみんないい」「個性が大切だ」と教育されてきたゆとり世代にとって、「ありのまま思考」を抜け出すのは至難のワザ。いったいどうすれば一歩踏み込めるのでしょうか?

「ありのまま思考」に陥っている若者の特徴

自分を変えようとせず、ムリをしないありのままの自分を受け入れてもらうことを望んでいる人たち。彼らは「ありのまま」の自分が否定されることを極端に恐れ、恋愛にも消極的になっています。

みなさんは大丈夫ですか?それでは早速「ありのまま思考度」をチェックをしてみましょう。

・恋人が5年以上いない
・デートに着ていく服がない
・3か月以内に美容室に一度も行っていない
・3か月以内に一度も服を買っていない
・ありのままの自分を見てほしい
・異性を食事に誘っても返事がこないor「みんなで飲みましょう」と言われる
・最後に異性とふたりきりで食事に行ったのがいつだったか思い出せない
・結婚は頑張らなくても自然にできるものだと思う

上記のなかで3つ以上当てはまるなら要注意。「ありのまま度」が高いと言えるでしょう。

こういうと「ありのままの何が悪いの?」「取り繕った自分を好きになってもらっても意味がない」なんて思う人もいるはず。「ありのまま」にはどんな問題点があるのでしょうか。

「ありのまま」と手抜きは違う

彼らのいう「ありのまま」とは、少々乱暴です。髪の毛を乾かさない、毛玉の服を身に着けるなど身だしなみが整っていない手抜き姿のままでも「こんな自分のことも受け入れてほしい」と相手に要求します。

自分を変える努力をしようとせず、「頑張らなくても幸せになりたい」と思う怠惰な思考が「ありのまま思考」なのです。また「頑張っても報われないくらいなら、頑張らないほうがいい」と変に悟ってしまっていることも言えるでしょう。

恋愛市場に「一発逆転」はない!

恋愛市場に一発逆転はありえません。地味で洒落っ気のない女の子が、クラス1のイケメンに見初められるのは漫画やドラマだけの話。現実は「ありのまま」という言葉を武器に努力を怠っている人に対してそんなに甘くはないのです。

恋愛経験ゼロの状態にコンプレックスを感じ、むやみに年齢を重ね続けていく前に、まずは自分や周りの人を大切に扱うことから始めましょう。自分を大切にしていればボロボロの服を着たり、ボサボサの髪の毛のままケアをしないなんてもってのほか。

まずは「人に受け入れてほしい」と要求する前に、自分で自分のことを受け入れられるだけの外見や内面を手に入れることが、幸せへの一番の近道かもしれませんね。

よく読まれている記事