暑いのに手足が冷たいのはナゼ?「夏の冷え性」にご用心!!

60ad5e042d2276bd29878b1e9080cc28_m

通勤電車やオフィス、カフェなどで、エアコンが効きすぎていて、体調がおかしくなったことはありませんか。

養命酒の調査では、20代女子の7割が「冷え性で悩んでいる」と回答。病気とまではいかないけれど、なんだかいつも体調が優れないと思ったら、その原因は体の冷えにあるのかも。

冷え性といえば、冬のイメージが強いですが、最近は1年中、冷え冷えの女の子が増えているんです。ここでは、夏の冷え性の原因と今すぐ始めたい対策についてお伝えしていきます。

どうして女性は冷えやすいの?

女性は男性に比べて、体感温度で3℃も寒がりだと言われています。

その理由は、筋肉量の違い。人は食べたものを体内で燃やして熱を生み出しますが、その熱を作る役割を果たすのが筋肉です。男性と女性の体脂肪率を比較したときに、一般的に女性のほうが高いのは、それだけ熱を作るパワーが少ないということ。

さらに、女性は腰や下腹部が冷えることで、子宮や卵巣などの臓器に血が滞りやすく、生理周期によっても冷えやすい時期が訪れます。

夏は外気温が上昇し、それに合わせて人間の体温も高くなります。人にはもともと暑さを感じると発汗して、体温を下げる機能が備わっています。

しかし、「寒い!」と感じるほど、エアコンの効いた部屋で長時間過ごしたり、冷たい飲み物ばかり飲んだりしていると、うまく体温調節ができなくなり、冷え性や体調不良などを引き起こすのです。

まさに夏の冷え性は、快適な生活が引き起こす現代病といっても過言ではありません。

簡単!夏の冷え性対策

体の冷えは不調のシグナル。放っておくと、肩こりや頭痛、体のむくみなど、さまざまな症状を引き起こします。さらにダイエットをしても痩せにくかったり、顔色が悪くなったり、美容にも大敵。

本格的な夏を迎える前に、今から冷えとり対策を実践しておきましょう。ここでは、医学博士・渡邉賀子さんの著書「あたため美人の冷えとりbook」から、簡単にできるものを4つご紹介します。

ゆったりした軽い素材の服を選ぶ

ウエストがきついスカートや、タイトなデザインの洋服、ガードルやストッキングなど体をしめつける衣類は血管を圧迫するため血のめぐりを悪くし、冷えの原因に。服を選べるなら、なるべくゆったりとしたものを選びましょう。

靴下やフットカバーを履く

夏は素足でサンダルやパンプスを履く機会が増えますよね。足は汗腺が多く、常に汗をかいている部分。汗をそのままにすると、水分が冷えることで足元から冷えてしまいます。五本指のソックスなど、靴の中がむれないように工夫しながら、足元の冷えを防いで。

冷えた手をほぐしてぽかぽかに

体の末端にある手は、血行が悪くなり冷えやすい部位。指先から手のひらまでをもみほぐすと、血流がアップして冷えが緩和されます。さらに手の甲を伸ばしたり、手首を回したりすることで、手から腕全体の血流もアップ。

エアコンに頼らず上手に体温調節

夏場なら除湿モードにしたり、扇風機を使ったりすることで体にやさしい温度をキープ。扇風機の風は直接あたると体温が奪われますので、部屋の中の空気が流れるように角度を調整するといいでしょう。

そのほか、本書では「朝起きたらお湯を飲む」「通勤中にウォーキングをする」など、73個の冷えとり対策法が紹介されています。どれも気軽に実践しやすいものばかりなので、気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

参考:渡邉賀子「あたため美人の冷えとりbook」日本文芸社

よく読まれている記事