ぽっこりお腹を引き起こす「夏便秘」の原因と予防策

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_m

水着やノースリーブなど、肌の露出が増える夏の季節。今のうちから二の腕や脚など、気になるパーツを引き締めておきたいもの。なかでも「お腹周りについた、醜い贅肉」に悩んでいる人は多いでしょう。

多くの女性を悩ませる「ぽっこりお腹」ですが、実はその原因は、単に脂肪がついているだけでなく、「便秘」によって引き起こされていることをご存知でしょうか。特に夏は、エアコンや冷たい飲み物で腸内環境が乱れやすく、便秘になりやすいそうです。ここでは、「夏便秘」の原因と予防策を紹介していきます。

夏便秘ってなに?

小林メディカルクリニック東京院長 小林暁子医師によれば、「『夏便秘』とは、食事制限による無理なダイエット、冷たい物の食べ過ぎや夜更かしなど、ついやってしまう夏の生活習慣によって腸内環境が乱れ、引き起こされる夏特有の便秘症状」のこと。

「腸内環境が乱れると、腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まってしまい、腸内に老廃物が留まる時間が長くなることで、便秘を引き起こしてしまいます。便秘によって腸内細菌が作るガスでお腹の張った状態が『お腹ポッコリ』の正体なのです」(小林医師)

さらに、便秘によって、ガスのたまった腸が、腸内や腸周辺のリンパのうっ滞を招き、下腹部から下半身のむくみにまでも影響することも。特に夏は『お腹ポッコリ』を解消しようと、食事制限によるダイエットに励む女性が多いので注意が必要なのだそう。

腸内環境を乱す夏の生活習慣チェックリスト

下のチェック項目は、腸内環境を乱しがちな夏の生活習慣です。半分以上該当する場合は、すでに「夏便秘」の可能性があり、2つ以上は「夏便秘予備軍」といえます。

□ アイスやビールやそうめんなど冷たいものをよく食べる
□ 冷房環境に長くいる
□ 薄着で寝ている
□ ダイエットのため食事制限をする
□ 肌の露出の多い服を着る
□ 暑いので、外にでないで家でゴロゴロしている
□ 休み気分で夜更かししてしまう
□ 暑くて食欲がなくなる
□ 湯船に入らずシャワーで済ませている
□ 汗をかくので水分を摂らないようにしている
□ 暑いのでいつもより運動を控える
□ 朝食を摂らないことが増えている

夏便秘の対処法

夏便秘を防ぐには、食生活や休息など、生活習慣を見直すことが大切。ここでは、具体的な対策を3つご紹介します。

食物繊維を豊富に含んだ食材を摂る

暑い日が続くと、食欲が落ちて、ついついソーメンや冷やし中華、アイスクリームなどで済ませがちですよね。たまに食べる程度ならいいですが、毎日冷たいものばかりたべていると、胃腸が疲れてしまい、余計に食欲がなくなります。

さらに栄養が偏るため、十分に腸が動かせずに便秘が悪化することも。夏場は食事制限のダイエットを一旦ストップして、腸内環境を整えるのに効果的な食物繊維を豊富に含んだ食材を多めに摂るようにしましょう。

規則正しい生活を送る

夏フェスやプール、ビアガーデンなど、夏は楽しいイベントが盛りだくさん。気候がいいと気分も前向きになるため、夜遅くまで遊びたくなるものですよね。しかし夜更かし続きの生活は、自律神経が乱れ、便秘の原因になります。三食きちっと食べて、排便のリズムを整えるようにしましょう。

クーラーの使い過ぎに注意!

夏場は電車の中もオフィスも、冷房がガンガンに効いていて「寒い」と感じたことはありませんか。体が冷えると、腸の運動が停滞し、便秘の原因になります。職場では靴下や腹巻、カーディガンなどで、お腹を冷やさないようにしましょう。

また就寝時のクーラーにも注意が必要です。クーラーをつけて寝るときは、風が直接、体に当たらないように風向きや風量を調節するなどの工夫をしてみてください。

参考:「夏の女性の悩みに関する調査」(ブランでスッキリ!委員会)

よく読まれている記事