職場での言動に要注意!「ブスハラ」と「ビジネスブス」の境界線

9206ffdbe7b2019deb67d88e4d57f855_s

お笑いコンビ「アジアン」の隅田美穂さんが芸能界を引退するのではないかと噂され、話題になっています。バラエティー番組でブサイクキャラとして扱われるのが嫌だったという隅田さん。

「よしもとべっぴん・ぶちゃいくランキング」では、ぶさいく部門で殿堂入りを果てしています。しかし隅田さんは自身のブスキャラを「ビジネスブス」を公言しており、年がら年中テレビ番組でブスいじりをされるのが嫌だったといいます。

容姿を中傷することで相手をいじる「ブスハラ(ブスハラスメント)」と、整っていない容姿を売りにして笑いをとる、もしくは自身の容姿を必要以上に自虐することで同情や共感され、支持を得ようとする「ビジネスブス」の間にはどのような違いがあるのでしょうか?

職場で繰り広げられる陰湿な行為……「ブスハラ」って?

ブスハラ(ブスハラスメント)とは、容姿を理由に相手をあざわらったり、嫌な仕事を強要したりするいわゆるセクハラのことをいいます。ブスハラをされたという被害者のなかには、こんな人も……。

▽「お前ブスだな~って上司にいわれて、社内でもブスキャラが定着。最初は笑ってごまかしていたけどやっぱり辛い」(26歳・事務)

▽「職場の飲み会に自分だけ誘われなかった。後から同僚に聞いたら男性社員があいつは華がないから呼ばなくていいと言ったと聞いた」(24歳・SE)

職場では傷ついたことも簡単には言えないもの。無理に笑いをとろうとブスをキャラクター化してしまった人は、言うにいえず辛い思いをしているようです。また、容姿を理由に職場の飲み会に自分だけ誘われないという陰湿な行為を受けている人も。

特性を売りにして「ビジネスブス」をする人も

ブスハラ被害にあっている人がいる一方で、ふつうの容姿であるにも関わらず自ら「ブス」を自称するビジネスブスもいます。いったいなぜそんなことをするのでしょうか?

▽「ふつうの容姿だけどブスを自称してしょっちゅう自虐してる。そのほうが女子ウケがいいし、敵をつくらない」(22歳・学生)

▽「そこそこ可愛い自覚があるから、あえてブスな生活スタイルを口にして親しみやすさをアピールしてる」(26歳・広告代理店)

ブスを自称したほうが相手からの共感や同情を得やすいこと、また容姿が整っている人が「ブス」と称し、自信のなさをアピールすることで支持を得ようとするようです。

ブスも美人も……外見だけでジャッジはNG

本人たちが喜んで同情されたがり、ブスを自称する「ビジネスブス」ならばイジってもいいかもしれませんが、そうでもないのに一方的に他人をブス呼ばわりすると「ブスハラ」になります。

容姿を理由に陰湿な行為を行うことは人として問題ある証拠。イジるのはブスを自称して共感されたがるビジネスブスだけにしましょう。

よく読まれている記事