「恋愛しなくてもいい」は強がり?「心の借金」を抱える独り身女子の闇

窓辺で悩む女性

クリスマスや年末年始、バレンタインと恋人同士の行事がたくさん待っているなか「今年も彼氏がいなかった……」と落ち込む人も少なくないでしょう。恋愛離れが叫ばれるゆとり世代。「ひとりの時間が好き」「自分の趣味が充実している」などと、なんとなく満足している日々を過ごしていても、この季節になると人恋しくなるのはゆとり世代だって同じです!

もし、それなりに出会いはあるのになかなかステキな人と付き合えないとすれば、それは「心の借金」を抱えているせいかもしれません。

ダメンズ好きにもこの傾向が……「心の借金」とは

心の借金とは、自分の力で「それ」を得ることができないからこそ、男性に対して過度な要求をすることを言います。「それ」とは、自身のもつ「劣等感」のこと。容姿の良し悪しであったり収入の高さであったり、性格であったりと人によってさまざまです。自身の容姿にコンプレックスのある人ほど、交際相手には恵まれた容姿を望み、自身の収入に自信を持てない人ほど、交際相手にはその「自信のなさ」を埋めてもらおうと高収入を求めます。

多かれ少なかれ誰だってコンプレックスはあるものです。問題なのは初対面の人や恋に発展しそうな男性に対しても借金の穴埋めを求めてしまうところにあります。出会った男性に「俺の借金、返済してくれる?」なんて聞かれたら誰でもドン引くでしょう。同じように、無意識のうちに彼女たちは男性に「私の心の借金を返済して!」と要求を押し付けているのです。

あなたは大丈夫?心の借金度をセルフチェック!

ここまで読んで「もしかしたら私も心の借金を抱えているかも」と感じている人も多いはず。次の項目のうち3つ以上当てはまればその可能性は高いです。

・周りから理想が高いとよく言われる
・ダメンズによく引っかかる
・自分に自信がない(コンプレックスがある)
・父親とあまり仲がよくなかった(あるいは愛された記憶が少ない)
・異性のアラ探しばかりしてしまう
・自分に好意を持ってくれる男性のことを良いと思えない
・運命の王子様と出会いたい
・日常をガラリと変化させたい
・占いや自己啓発系のものが好き・自分を棚に上げることがよくある

自分の借金は「自分で返すこと」

心の借金の問題を解決するのは時間がかかるので、早急にクリアできるものではありません。独り身を脱して健やかな恋愛をしたいのであれば、「自分の心の借金を男性に押し付けないこと」が大切です。「年収は600万以上ある男性じゃないと~」「性格はいいんだけどハゲでチビなんだよね~」などと上から目線になっている人は要注意!心の借金を抱えている人には、同じように心の借金を抱えている人が近づいてくるものです。まずは自分を改めましょう!

よく読まれている記事