ゆとり世代が一番キケン!?不倫にハマりやすい女子の特徴3つ

裸の男性に抱き着く女性

連日テレビやネットをにぎわせる、「不倫」の事件。これまでも、様々なタレントが不倫問題を起こしていましたね。

これまではわりと年齢層が上の世代の問題だったように思いますが、最近は若い女性タレントでも、不倫問題を起こして騒ぎになることが増えてきました。

実は、最近の若い女性、いわゆるゆとり世代の女子たちには、不倫にハマってしまいやすい「ある傾向」があるようなのです……!

今回は、「不倫にハマってしまいやすいゆとり女子の傾向」をご紹介します!

経済力重視・即物的

「今の若い女性って、それより上の世代より、愛とか恋とか信じている人が少なくて、欲しいのはお金だけ、とかとにかく高級で良い暮らしがしたい、っていう人が多い気がする。だから、お金持ちのオジサンと不倫してしまうのかも……」(24歳・歯科衛生士)

いわゆるゆとり女子にありがちな傾向の一つとして、男性を選ぶ時に経済力を重視する点が挙げられます。

 ゆとり女子達は不景気の世の中で、節約やらコスパなどに抑圧されて生きてきた人も多いため、より「お金が欲しい」「お金持ちになっていい暮らしがしたい」という傾向があるようです。

そうすると、同世代の男性のお給料では不満だ、もっとお金持ちと付き合いたい、という人も出てきて、結果的に年上世代との不倫に走ってしまうこともあるようです。

「リア充」への強迫観念

「最近はFacebookとかTwitterとかで、いろんな人のいろんな生活が簡単に見られるようになった。そうすると、同世代の誰々はもう結婚して子どもがいるんだ……とか、友達の誰々は彼氏とラブラブなんだ……とかを目の当たりにしなきゃいけなくて、寂しさが増す。だから、不倫でも良いからそういう『リア充』生活がしたいと思ってしまった」(25歳・メーカー)

今はSNSなどを通して、彼氏がいる・いない、結婚している・していないが簡単に可視化されるようになりました。

それによって、いまの若い女性の間では「リア充」の人々は幸せな生活を送っているのをSNSでこれでもかと大放送する一方で、「非リア充」は余計に寂しさを感じてしまう……という状況が生まれ、結果として不倫でもリア充になりたいと思ってしまうゆとり女子もでてきたようです。

実際、今の若い女性は不倫であっても、SNSに「ラブラブ」な写真を載せたがる人も多いようです。

マイペースを維持したい

「きちんとお付き合いして、彼氏彼女になって……となると、将来のことも考えなきゃいけなかったりして面倒くさい。私はしっかり働いてしっかり稼いでるから、結婚とかも考える必要が無い。だから、既婚者の人との恋愛ならお互い遊びで終わるし、ラクでいいなって思う」(28歳・金融)

今のゆとり女子は、しっかり総合職などで男性並みに働き、一人前の収入を得ている人も少なくありません。

そのため、結婚する気がなく、誰かと付き合うのは面倒だから、ちょうどいい人とちょうど良く遊びたい、と考え、既婚者の人とお互い「遊び」で不倫する人もいるようです。

またゆとり女子はとにかくマイペース重視で、あまり人に都合を干渉されたがらないのも、ちゃんとした「恋愛」を面倒くさがってしまう理由の一つなのかもしれません。

このように、不倫にハマるゆとり女子が最近増えてきている背景には、社会の経済状況SNS、性格などがあるのかもしれません。ただ、発覚したときの責任の重さも認識しておかないと、若い女性にはかなりの痛手になってしまうかもしれません。

よく読まれている記事