こんな女は面倒くさい!「自称サバサバ女子」が男からウザがられる3つの理由

Woman.

最近は草食系男子を自覚する若い世代が少なくありません。そのため恋愛時、女性が彼を引っ張ることもあると思うのですが、かといってサバサバし過ぎるのも、男性にとってはイヤと感じられてしまうのが難しいところです。

これはゆとり男子も例外ではないかもしれませんね。男女の力関係が同じ方が居心地のいいゆとり男子にとって、あまり女性側のリードが強すぎてしまうと、男性にとってイヤ~なサバサバ系女子になってしまう恐れも。

今回はそんな男性へのアピールが逆効果になっている、”自称サバサバ女子”の特徴を挙げてみました。

「私、サバサバしているから」と自ら宣言する

サバサバ女子というと不平不満をこぼさず、細かいことは気にしない淡白な性格が挙げられます。

男女にとって、こうした性格の女性は一緒にいると居心地の良さを感じますが、”自称サバサバ女子”は「私、サッパリしているから」と口では言いながらも、実はネチネチと引きずってしまう、むしろ面倒くさい女性が多いといえます。

イヤなことはちゃっかり覚えていて、それを引き合いに出しては、自分の鬱憤を解消する――。全然サバサバしていませんよね(笑)

優しい性格の人が「私、優しいから」と言わないように、そもそも自分から「私、サッパリしているから」と、宣言する人はちょっと怪しいものです。

そう勘ぐってしまう男性も少なくないので、サバサバした自覚がある女性はそれとなく注意した方がいいかもしれません。

どことなく上から目線である

本物のサバサバ女子は竹を割ったような、裏表のない性格な人が多いものです。モジモジして聞くのを躊躇ったり、遠回しに物を言うことはあまりしません。

そうした物言いは、自称サバサバ女子にも共通しています。しかし、自称サバサバ女子のイヤなところは、目線がどことなく上からなのです。

相手と話して気になったことは、興味本位でズケズケと聞き出し、自分のことは棚に上げてあれこれとお節介を焼きます。

その点、本物のサバサバ女子は相手に都合の悪いことはサラリと聞き流し、態度は淡白ながらも「うんうん」と、親身になって聞く姿勢を崩しません。

さっぱりとした雰囲気のなかでも、どこか母性的で居心地の良さを感じさせるのが、本物のサバサバ女子の隠れた魅力なのです。

見た目、態度がガサツである

sb10069452a-001

サバサバと聞くと、男っぽいイメージを抱くゆとり女子は多いのでは?確かに淡白でネチネチしていない性格は男性っぽいですが、だからといってガサツでだらしないわけではありません。

一方で、自称サバサバ女子は「私ってサバサバしているから」と、ガサツな行動、だらしのない態度を言い訳に使っていることが少なくないようです。

性格の淡白さは男性から見ても好感を抱きますが、ガサツさやだらしなさは敬遠してしまう男性が多いもの。

仕事に追われているうちに、サバサバした性格になり、見た目の女子力まで下がっていないか注意してみると、それまで以上に周囲から親しまれる女性になれるはずです。

サバサバ女子の気質に身に覚えのある女子は、自分が自称サバサバ女子の特徴に当てはまっていないか、チェックしてみてください。

意識の仕方で男性からはもちろん、女性からも好印象に感じられる、いい意味でのサバサバ女子になれるのではないでしょうか。

よく読まれている記事