彼らの心をわしづかみ!年下男子を励ます効果的なセリフ3つ

振り向き様の日本人女性

年齢が若いうちは周りの目を気にしやすく、デリケートで傷つきやすい傾向にあるもの。その一方で自己主張は一人前といった、元気溢れる一面も見え隠れしているように思います。

いうなれば、それが「若さの象徴」だと思うのですが、そんな彼らに恋をしたり、後輩として可愛がってあげたいとき、うまく彼らの心を惹きつけられたらいいですよね。今回はそんな年下男子をうまく励ますひと言をまとめてみました。

1:「とりあえずやってみよっか?」

頭も悪くないし、物覚えもいいし、素直に言うことを聞いてくれる。そんな年下男子って一緒にいると、とてもいじらしいですよね。でも、ちょっと難をいえば主体性が薄く、自分から進んで動くことが少ない彼らに、不満を持ってしまうことはありませんか?

頭でグルグルと考えてしまうあまり、行動に移すことができない。いわゆる優等生タイプならではの特徴かもしれません。

例えばデート中、せっかく目的地に到着しても、彼が今ひとつ乗り気じゃない。理由を聞いてみると、「イメージと違う」「不安だから」と、行動するのを躊躇ってしまうのです。でも、たとえ結果がイマイチだったとしても、そうした失敗が人生のいい経験になることって少なくありませんよね。

もし、彼氏や後輩の年下男子でこうした特徴が見られたなら、「とりあえず、やってみよっか?」と背中を押してあげられると、彼は「行動して分かることもある」と実感できるかも。

「ダメならそのとき。また考えよう」と、ちょっと大らかな態度を取ってあげられると、彼の心をうまく動かせるかもしれません。

2:「抱え込み過ぎないでね」

真面目な性格の人ほど、何でも自分ひとりで抱え込み過ぎる傾向にあります。特に周りに相談せず、ついひとりで頑張ってしまうのは年下に限らず、男性に多いものです。

女性であれば友達や上司に相談するところも、男性は弱い自分を見せたくない、と考えてしまう傾向が。「見せるのが格好悪い」「恥」という意識がどこかにあるため、親しい恋人、同僚がいても「些細なことだ」と言い聞かせて、我慢してしまうのでしょうね。

しかし、本人の知らないあいだにストレスが溜まってしまっている可能性もあります。傍から見ていて、彼が悩んでいるように見えたら「大丈夫?抱え込み過ぎないでね」と、ちょっと優しい言葉をかけてあげて。

自分の気持ちに寄り添ってくれるあなたのひと言に安堵して、年下男子の心はホッと軽くなるかもしれません。

3:「ここまでやってこれたなら大丈夫!」

彼が仕事やプライベートで悩んでいると、どんな言葉をかけたらいいのか悩んでしまいませんか?「頑張ってね」「応援してる!」といった月並みの言葉ではなく、気の利いた言葉を掛けてあげられたら……。そう考えるほど、どんな言葉をかけたらいいのか悩んでしまうことってありますよね。

ましてや彼の悩みがちょっと理解に及ばず、複雑な場合ならなおさら。もし恋人や先輩としての間柄だからこそ彼に届く言葉があるとすれば、“彼を認めてあげるひと言”がポイントになってくるかもしれません。

たとえば「〇〇くんの人柄に救われている人はいっぱいいると思うから、絶対に挽回できるチャンスはあるはずだよ」、「〇〇、よく頑張っているもんね」とか。

具体的なアドバイスができなくても、ちょっと彼に元気を与えられることができれば、彼は再びやる気を取り戻すかもしれません。

励まし上手になれれば、恋愛、ふたりの関係はきっと上手くいくはず。彼らのタイプやシチュエーションに応じて、ちょっと気にしてあげられる女性になりたいものですね。

よく読まれている記事