Q.理想の上司は誰ですか?新入社員「武田信玄」

800px-Boy_feeling_Barack_Obama's_hair

「三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社」は新入社員意識調査アンケートを実施。今回はその中でも「新入社員の上司や指導に対する考え方」にスポットを当ててみました。アンケート結果から見える、ゆとり世代の新入社員の理想の上司像はいかに……?

理想上司は武田信玄!?自分の力を引き出してもらいたい新入社員

「理想の上司を戦国武将にたとえると誰ですか」という質問で“部下の力を引出し、チーム力を高めていく”「武田信玄」が1位という結果に。このことから、新入社員が「上司に自分の力を引き出してもらいたい」と期待していることがうかがえますね。また、2位以下は「豊臣秀吉」「織田信長」「徳川家康」「上杉謙信」と続きました。

また、地域によって回答に差が見られたのも特徴。大阪では、大阪城を築いて本拠地とした「豊臣秀吉」が東京や名古屋と比べて高い結果に。彼らの強い地元愛を感じます。
一方「織田信長」の割合は東京・大阪・名古屋ほぼ同じくらい。名古屋のみなさん、もうちょっと信長を支持してあげてください(笑)

それにしても天下統一を果たせなかった武田信玄が豊臣秀吉や織田信長、徳川家康を押しのけて1位を獲得したことにも驚きです。日本史の授業なんかでもそこまで大きい扱いはされていなかったように記憶しているのですが……。ゆとり世代は結果よりも過程や人柄を重要視しているのではないかということも見えてきますね。

厳しいのはイヤ!?優しく丁寧に、ご指導お願いします。

「指導に対する考え方」の調査では「やさしくていねいに教えてほしい」が62.3%、「緊張感をもって厳しく指導してほしい」が37.7%でした。

大多数の人の中でおそらく武田信玄は「やさしくていねい」より「厳しく指導」しているイメージなのではないかと思うのですが、それとこれとは話が別のよう。最近ゆとり世代は頭ごなしに怒られるのが苦手とよく言われていますが、その通りみたいですね。

以上の結果をまとめると、ゆとり世代の新入社員が求めている理想の上司は「部下の力を引き出し、チーム力を高め、かつ優しく丁寧に指導してくれる」人ということに。完璧超人か。上司の方々だって人間だということを新入社員のみなさんは忘れないように。5年後10年後、それを求められるのは君たちなのですぞ!……と20歳のドゆとり小娘が言ってみたところで終了したいと思います。

よく読まれている記事