出会いがないと嘆く前に!意外と恋のチャンスが転がっている場所3つ

Happy japanese friends surfing the net

大学生の出会いの場といえば、講義・ゼミ・サークル・バイトが真っ先に挙げられると思います。人数の少ないコミュニティほど、異性とはかなり親密な関係を築けるはず。実際、ゼミやサークルからカップルが誕生して、社会人になってからゴールインしたなんて話も多いですよね。

ですが、大学生はそれら以外にも出会いの場がたくさんあります。今回は、大学生のちょっと意外な出会いの場をご紹介していきます。

他の大学の講義を取る

大学ではカリキュラムが許す限り、自分の好きなように時間割を決められますよね。「●●先生の講義は面白いし、単位取りやすいから、絶対取っておいた方がいいよ!」なんて噂が、友達や知人の間で広まることも多いもの。

どの講義を取ろうか迷ってしまったら、他の大学の講義を取ってみてはいかがでしょう。提携関係にある他の大学なら、そこでの講義が単位に認定されます。

雰囲気も校舎も違うところなら、気分が変わっていい刺激をもたらしてくれそうですね。授業のついでに学食や休憩所、図書館に立ち寄ってみるのも楽しそうです。他の大学の生徒と知り合うチャンスですし、素敵な出会いにつながるかも。

SNSを活用する

いまやすっかり普及したSNS。もはや情報ツールのひとつになっていますね。おかげで引きこもりがちになったり、直接のコミュニケーションが面倒になったりしがちですが、ネットが悪いことばかりではないのも事実なはずです。

いろいろな人と繋がれるというSNS最大の利点を活かしてみましょう。例えば、同じ資格試験にチャレンジしている人や、同じ趣味を持つ人をネットで募ってオフ会を開いてみるなど。SNSを交友関係を広げるひとつのきっかけに考えてみると、意外と気の合う相手が見つかるかもしれません。

まずは入りやすいコミュニティから関係を広げてみるといいかも。もちろん、ネットのマナーをきちんと守ることは大前提ですよ。

地元の友達とこまめに連絡をとる

Asian students

上京したり、出身地とは違った大学に行った場合、地元の友達とは顔を合わせる頻度が減ってしまいがち。関係を繋ぎとめるためにも、彼らとの交流はこまめに続けてみましょう。

例えば長い休みには、帰省したら飲みに行って近況報告をしましょう。旅行がてら、お互いの大学を見て回るのも楽しめるのではないでしょうか。付き合いの長い地元の友達だからこそ、あなたにぴったりの人を紹介してくれることもあるかもしれません。

当時は何とも思っていなかったけれど、地元に帰ったときに高校時代の同級生と恋愛に発展した……なんてこともあるようですよ。出会いはどこに転がっているのか分からないので、自分の今ある縁を大事にしましょう。

ゼミ・サークル・バイトに比べると、これらは出会いの場としてはメインではないかもしれません。でも、こうしたことから出会いにつながることだってあります。チャレンジ精神を大事にして、自分から縁を作ることを意識してみてくださいね。

よく読まれている記事