これで恋愛偏差値アップ!若いうちから意識するべき恋の3か条

young couple

大学生のみなさん、恋愛を楽しんでいますか?人生の中でも若く自由な時間が多い大学生活ですので、積極的に恋をしないともったいないですよね。

恋愛は運動と似ていて、普段から体を動かしていないと、いざ運動をしようにも体がなまってついていけないことも。若いうちからたくさんの経験を積むことで、社会に出た後の恋愛に役立つこともあるはずです。

そこで今回は、恋愛偏差値を上げるために意識しておくべき3つのポイントをご紹介します。

人を見る目を養う

異性を見るとき、見た目の条件を重視する女性は多いですよね。ですが、どんなに自分好みのイケメンでも性格や価値観が合わなければ、相手とうまく付き合っていける可能性は低いものです。

イケメンというだけで飛びついてしまうと、雰囲気に流されて体を許して、のちのち傷ついてしまう……と、不幸な結果を招くことも十分考えられます。

相手の外見だけではなく、「本当はどういう人なのか」を冷静に見極める力を持つことは、恋をするうえでとても大事なポイントです。「あの人はすごくイケメンだけど、女遊びが派手」「あの人はちょっと地味だけど、優しくて誠実な人だ」……といったように、人を見る目を若いうちから養っておきましょう。

この力は異性に限らず友達付き合いにも役立ちます。良い関係を築くためにも、日頃から気を配ってみてくださいね。

失敗も経験だと考える

若いうちほど、恋愛で失敗を経験することは大事です。安易に体を許すことはできれば避けたいですが、その反省を生かそうと前向きに考えられるかどうかで、その人の未来の縁は大きく変わってきます。

ほかにも、気になる人ができたら「私なんかが声をかけたら迷惑かな……?」と思う前に、とりあえず声をかけてみる。そして、もし相手から思うような反応が得られなかったとしても、落ち込みすぎないことも意識したいポイントです。

恋愛は、自分の思っているように進むことの方が少ないものです。「こんなふうに声をかけたらよかったかな」と反省材料にしながら、自分の恋愛経験値をどんどん高めてみて。頭で考えすぎて何もしないより、積極的な行動を大事にしたいですね。

Gift of the heart

恋愛を楽しむ

社会に出て年齢を重ねていくと、結婚への意識が強くなっていきます。結婚を意識するようになると、相手への気持ちよりも職業や年収などの条件が優先されがち。

条件を気にせず純粋に人を好きになるのは、年齢を重ねるほど難しくなっていきます。結婚を抜きにしても、本気で「好きだ」と思える人は簡単にできるものではありませんよね。

気になる人ができたら恥ずかしがらず、勇気をもってアタックする気持ちが大事。恋するチャンスを積極的に掴んでいきたいものです。

社会に出てから焦るよりも、学生のうちから意識していた方が、絶対にいい恋愛ができるはず。「恋がしたいな~!」と思ったら、チラッとこんなことも考えてみてくださいね。

よく読まれている記事