これでトラブル知らず!20代のうちから取り入れたい美容アイテム3つ

Beautiful young woman smiling

日々のスキンケア、どのように行っていますか?「ずっと化粧水と乳液だけ」という人も多いかもしれませんね。しかし、これまでは若さの力で問題なかったとしても、年齢を重ねるうちにトラブルやお悩みが出てきてしまうかも。

そこで、ここでは20代のうちにスキンケアへ取り入れたい美容アイテムをご紹介します。どれも手軽に買えるものばかりなので、ショッピングの前に要チェック!

美容液

まずは美容液。保湿や美白、シミ・シワ対策など特定の悩みにピンポイントで効いてくれます。自分の肌のお悩みに合ったものを選びましょう。

洗顔後、たっぷりの化粧水で肌にうるおいを与えてから美容液をなじませます。ハンドプレスをしたら、乳液、クリームでしっかりとフタをするのを忘れずに。順番を間違えると効果が薄れることがあるので、要注意。ケチるのはダメですが、かといってドバドバ使えばよいというわけでもありません。毎日適切な量を使うようにしましょう。

自分へのご褒美にぴったりな高級美容液もたくさんありますが、まずはプチプラ美容液で使い方に慣れてみるのがよさそう。朝はUV効果のあるもの、夜は寝ている間にしっかり効くものなど、使い分けもおすすめです。

アイクリーム

目元はシワやたるみなど、年齢を重ねるごとにお悩みが増えてくる箇所。皮膚が薄いので、毎日のアイメイクや目をこするなどの何気ない行動もダメージになりやすいのです。「まだ若いから大丈夫」と油断せず、早め早めのケアが大事になってきます。

そこで投入すべきなのが、アイクリーム。少しずつ指にとり、ちょんちょんと目の周りにのせてマッサージします。上まぶたは目頭から目尻へ、下まぶたは目尻から目頭へ、シワをのばすようなイメージでマッサージすると効果的。続けることで、くすみが取れたり涙袋がふっくらしたりと効果が出てきます。

ローラーをコロコロと転がすだけのスティックタイプもあるので、休憩時間やお出かけにも気軽にケアができますよ。ただし、力を入れすぎると逆効果になってしまうので、やさしく転がすよう心がけましょう。

Spa setting with beauty cream and white  jasmine flower

オイル

乾燥肌に悩んでいるなら、それは肌の油分が足りないせいかも。ふっくらと潤った肌を目指すなら、美容オイルをスキンケアに取り入れてみることをおすすめします。

1~2滴を手に取り体温であたためたら、乳液の前に使うと保湿力がアップ。化粧水や美容液に混ぜて使っている女子もいるようです。または洗顔後、化粧水をつける前にブースターとして顔にのばす方法もあり。自分の肌タイプや悩み、好みによって使い分けるようにしましょう。

オリーブオイルやホホバオイルなどたくさんの種類がありますが、最近注目を集めているのは「バイオイル」。スキンケアの最後に使うと、乾燥を防いでくれたりニキビ跡を治してくれたりするのだそう。ヘアケアやボディのマッサージにも使える万能選手です。

一日一日のスキンケアが、未来の肌をつくっていきます。将来の自分への投資だと思って、スキンケアから見なおしてみては?

よく読まれている記事