【若手社員必見!】忘年会の幹事をスマートに乗り切る3つのコツ

friends having good time in pub

11月から12月にかけては、学園祭の打ち上げや忘年会などなにかと宴会シーズンが到来する時期です。こうした中で初めて幹事に抜擢される人もいるでしょう。

「飲み会の幹事なんてやってられるか!」と思うかもしれませんが、こうした企画のセッティングは、社会人になっても意外と役に立つものです。

そこでここでは、憂鬱に感じる「飲み会の幹事」をスマートかつ楽しく乗り切るアイディアを紹介しましょう。社会人1~2年生も必見です。

協力者を募れ

まず幹事で重要なのは、相談役を作ることです。特に人数が多いサークルの幹事ほど、一人で担当すると目が行き届かなくなります。そういう時は複数名で幹事を任せられるものですが、もし一人で任命された時は、一人友人を味方につけましょう。

「こういう部分を手伝ってほしい」ということを明確に伝えておけば、よほどのことがない限り協力してくれるはずです。味方をつけることで、ダブルチェック機能も働きます。事前準備の漏れや会計作業の面でも、心強い存在となるでしょう。

さらに幹事をスマートにやりたい場合は、お店の人を味方につけるというのも一つです。お店のことを知るのは、何と言ってもお店の人です。事前に必要な情報を相談し、滞りない当日の運営に一役買ってもらいましょう。

お酒は飲めなくても大丈夫!

Friends toasting with beer

幹事というと、「盛り上げ役」のイメージが付きまとい、かつ「お酒が飲めなきゃいけない」というイメージが浮かびがちです。しかし、幹事の仕事はあくまでも「会を最後まで運ぶこと」がメインの仕事。

無理やり盛り上げ役に徹する必要はありません。むしろ自分も楽しみつつ、客観的に状況を判断することが必要です。そのため「自分はお酒が飲めないんだけど…」という人の場合も、不安にならなくても大丈夫。「空気を読む訓練」と思ってみてはいかがでしょうか?

お酒の場ならではの、独特な人間模様を観察する機会だと考えましょう。意外な一面を目撃できるかもしれません。もちろん、ほどよくグラスが空いてる人にはドリンクを勧めてあげましょう!

基本は「終わりよければすべてよし」

幹事の合い言葉は「終わりよければすべてよし」です。「宴もたけなわではありますが・・・」という言葉もあるように、きちんと時間を決めて〆に入るのも必要です。

ダラダラと居座り続けるのはお店に迷惑が掛かってしまいます。お開きの挨拶で一旦は終わらせて、あとは二次会に持ち越す…という流れにもっていきましょう。自分が二次会に行かない場合は、二次会の幹事にバトンタッチする場でもあります。

全員が会場から出て行ったら、最後に忘れ物がないかをチェックしましょう。何事もなければ幹事の仕事もお終いです。

人数が多くなればなるほど、つい面倒に感じてしまう飲み会の幹事。しかし周りのことばかり気にかけていても、余計飲み会当日がおっくうになるだけです。

むしろ幹事は、自分の裁量で決められる部分が大きいのも特権です。周囲が楽しめる環境を作るのも大事ですが、自分の意見も組み込みながら楽しく幹事の役割を全うしましょう!

よく読まれている記事