【驚愕】30代未婚男性の4人に3人が「自分は草食男子」と回答

800px-Young_boy_eating_beet

パートナーエージェントの調査では、30代未婚男性の75%が「自分は草食男子だと思う」と回答していることが分かりました。

若者の恋愛離れが叫ばれるなか、三十路を過ぎたオジサマの間でも、じわじわと“草食化”が進んでいる様子。今回は、その実態を検証してみました。

美意識の高い「スキンケア男子」が急増中

2009年に行われたヤフーバリューインサイトによる「男性の消費と恋愛意識」に関する調査によれば、「女性向けの商品を使うことに抵抗がない」において「はい」と回答した人は20代後半が50 %、30代前半が42%の順で多く、20代前半では34%という結果に。

この調査は5年前に行われたものなので、最も「女性向けの商品を使うことに抵抗がない」と回答したのは現在の30~34歳の男性たちということになります。

最近流行ったドラマ「昼顔」の中でも、上戸彩の夫役の方が寝る前にパックしたり、小顔ローラーを使っていたりしましたよね。中身だけでなく、見た目の草食化も進んでいるようです。

恋愛でも「主導権」を握りたがらない

同調査では、恋愛における意識において「男女の関係では主導権は男性が持つべき」という男性は、30代前半(32%)で最も少ない結果になりました。これは、現在の35~39歳の男性に当てはまります。

「30代の男性にディナーに誘われましたが、『どこ行きたいか決めておいて。○○ちゃんの最寄り駅でいいよ!』と言われたことがあります。『最寄りでいいって……そこじゃないし!」って感じでした」(22歳/女性)

30代後半男性といえば、デートでもスマートな振る舞いをしてくれるんだろうなと期待してしまいますが、実際は、女性をリードする意識が薄いのかもしれません。

Facebookでも草食化の傾向が!

また、マッチアラーム株式会社が、18歳から39歳のFacebookユーザー3,691人を対象に、異性の投稿に対して「いいね!」をした割合がどれくらいかを調査したところ、面白い結果となりました。

この調査によると、20代の男性で「異性にいいねをした割合」は平均約47%。(約2回に1回は女性への「いいね」)それが、30歳を過ぎたあたりから徐々に下降し、30代平均は約40%まで下降しています。

草食化というよりかは、若い男の子の方があまり男女を意識せずに付き合うことができるという傾向があるのかもしれませんね。

よく「20代男性は草食系。頼りない!」なんて言われますが、30代男性も草食化の傾向にあるようでした。そうなると、若者ばかり批判されがちなのは、許し難いですね。上の世代が「これだからゆとり世代は……」と言うのと同じような原理なのでしょうか。

よく読まれている記事