優しいけど頼りない、草食男子との恋をうまく育てるコツ

ef04190c433fce42ccea85087c60e5d0_m

草食男子と恋愛している女性は、カレが何を考えているか分からず、モヤモヤするということはよくありますよね。

例えば、デートの行き先を決めるときは「どこでもいいよ」と言われたり、ケンカしても意見を言ってくれないなど。そこで、一体何を考えているのかわかりにくい草食男子との付き合い方をシーン別でまとめてみました。

デート先を決めるとき

OK:「○○へ行きたい」とハッキリ伝える
NG:友達の彼氏と比較する

草食男子は主導権を握りたがらないので、デートの行き先が決まらないことが多いですよね。「どこでもいいよ」という彼にイラッとすることもあると思いますが、草食男子は「彼女の行きたいところへ行って、喜んでくれるのが幸せ」と思ってくれているのです。

草食男子と付き合っていくには、自分の要望をハッキリ伝えることが大切。雑誌やテレビで気になったお店は写メって彼氏に送っちゃいましょう。そうすれば、自分が行きたいと思う場所に行けて、彼氏も悩まずに済む!まさに一石二鳥ですね

「○○くんはこんな素敵なデートを計画してくれるんだって」と友達の彼氏と比較するのは絶対にダメ。そんなことを言われると、草食男子はますます自信を無くしてしまいます。

ケンカしたとき

OK:丁寧に自分の考えを伝える
NG:ヒステリックに文句を言う

草食男子の彼氏とケンカすると一方的に彼女側が主張を押し通すことになってしまい、「意見はないのか!」となんか物足りなさを感じたりしますよね。

彼らは基本的に「どうしたら彼女の気が済むのだろう?」「なにか言って傷つけてしまわないかな」と彼女のことを思うあまり、どんな文句を言われても「ウンウン……」と聞いてくれているのです。

草食男子とケンカするときには、冷静に自分の怒っている原因を伝えることを心がけましょう。いくら言い返してこないからといって、好き放題に文句を言っていると、いつか彼氏の我慢が限界を迎えてしまいますよ。

ベットのなかで

OK:誘いやすいムードをつくる
NG:派手な下着で露骨に誘う

「女の子が嫌がるかもしれない」と思うようなことはしないのが草食男子。「なよなよしている」とか「頼りない」と思われがちですが、実は優しすぎるだけなのです。

そんな彼らには、彼女の方から「受け入れ態勢はできてるよ~」と合図を。そっと彼氏の背中を押してあげるのがいいかも。

ただし女の子がグイグイとHの主導権を握ると、草食男子は引いてしまう可能性があるので要注意。

基本的に彼女のことを優先するあまり、デート先が決められなかったり、手を出せない草食男子たち。

彼らには、遠回しな小悪魔テクニックよりも素直に自分の気持ちを伝えることが大切。そうすれば今よりももっと素敵な関係が築けるはずです。

よく読まれている記事