マジかよ…お泊まりデートで男性がどん引きする「おブスアイテム」

3387417462_12e8e2e5b4_o

いよいよ彼とのお泊り!自分の家というプライベートな場所に招待するのはドキドキものですよね。そして、気になるのはお部屋の状態。炊飯器の上に埃が溜まっていたり鏡が薄汚れていたりするもの。

さらに見られたくないグッズやアイテムもいたるところに散りばめられているかもしれません。慌てて掃除をしてはみたものの、「もうどうすればいいの!?」なんて何から手を付けてわからない状態になることも。

そこでここでは、彼が部屋にはいって思わず引いてしまうおブスアイテムをご紹介します。最低限これだけはクリアしておきましょう!

ごわごわのタオル

▽「彼女の家に行ったらタオルが全部硬かった。部屋が綺麗だったぶんイメージダウン」(20歳・学生)

毎日使っているがゆえに意外と気が付きにくいのが、ハンドタオルやバスタオル、シーツや掛布団といった布製品の手触り。いつも使っていると、けばだちや毛玉などに気づけなくなります。

1年以上も遣い続けている使い古されたごわごわしたタオルは、もはや雑巾といっしょ!雑巾で顔や身体を拭いていると思われぬよう、女の子らしいふわふわ&ふかふかの手触りのタオルを用意しておきたいですね!

薄汚れたラグマット

▽「ラグマットがくさかった……。薄汚れていた」(25歳・不動産)

部屋にあるラグマットはそれだけでおしゃれに見えますが、定期的にお掃除をしないと薄汚れてしまうもの。毛やゴミなどが絡まりやすいですよね。どんなにインテリアにこだわっていても汚れたラグマットがすべて台無しにしてしまいます。

さらに気づけばマットの下に埃がたくさんたまっていた……なんてことも。こまめに手入れをするよう心掛けましょう。さらに、お風呂のバスマットも同様なので気を付けたいですね!

スピリチュアルグッズ

▽「本棚にあるものがスピリチュアル系の本ばかりだったとき。パワーストーン、水晶も置かれていた」(26歳・出版)

占いグッズやスピリチュアル系グッズは男性が引いてしまうもの。特に水晶といった本格的なアイテムが玄関に置かれている人は要注意。

少数ならまだしも、棚にならぶ大半の本が占いモノだったり、お守り系グッズだったりすると「この子、スピリチュアル系女子なのかな……」と引かれてしまいます。現実離れした子だと思われぬよう、事前に身辺整理をしておきましょう。

雑誌のセクシー特集や結婚情報誌

▽「全然考えてなかった彼女の家に結婚情報誌はさすがに引いた。あとセクシー系の特集雑誌が置いてあって罪悪感がうまれた」(24歳・金融)

机の上に置きっぱなしの雑誌も男性はチェックしているもの。なんの気はなしに購入したものであっても、うっかり引かれてしまうことがあります。

彼を催促するような結婚情報誌や、セクシー系の特集はドギマギさせてしまう可能性大!こっそり隠しておきましょう。

男物のパジャマや下着

▽「明らかに男物のパジャマが置いてあったとき。お父さんのなんだけどって言ってたけど嘘だろって思った」(27歳・商社)

トップレベルでかたづけて置くor処分しておきたいのが元彼グッズ。パジャマや写真、下着などはストックしておかないのがいいでしょう。ほかの男性を極力感じさせない部屋づくりが◎。

いざお泊りというときに「これ、お父さんのなんだけど……」などと取り出したパジャマ、実は元彼のものだということがバレているかもしれません。

ドン引きアイテムを排除して、彼と素敵なお家タイムを手に入れましょう!

よく読まれている記事