意外!恋人がいる20代女子の4人に1人が●●で出会ってると判明

deai

春といえば恋の季節。職場や学校で新しい出会いに期待していたけれど、未だにトキメキと出会えていない……このまま一人寂しく夏を迎えるの?!と不安に駆られていませんか。

一体、出会いってどこにあるのでしょうか。恋人がいる20代女子にアンケートを実施してみました。最も出会えるスポットは、なんと●●!

恋人やパートナーと出会ったきっかけは?

第1位:紹介(21.3%)
第2位:学校(17%)
第3位:バイト先(10.5%)
第4位:合コン、職場、遊び仲間(8.5%)
第5位:サークル(6.4%)

男女の出会い方には様々な形がありますが、20代女子の出会い事情で一番多かったのが「紹介(21.3%)」でした。5人に1人が友人や知り合いの紹介で出会い、交際まで発展しているようです。

自分が信頼している友人が認める人に対しては、自然と心を許しやすいもの。下手に合コンや飲み会で、相手のことを1から知るよりも、距離を縮めやすいのかも。

続いて、第2位は、「学校(17%)」でした。4位にランクインした「職場(8.5%)」とあわせると、4人に1人が、学校や職場で出会っていることに。やはり毎日顔をあわせて、長い時間一緒に過ごすため、お互いをよく理解できて、恋に発展するのも納得ですね。

第3位は「バイト先(10.5%)」でした。アルバイトは同年代が多く、同じ空間で苦楽をともにする分、恋が生まれやすいのかも。バイト先に恋人ができれば、仕事も楽しくなりそう。

そのほか、少数派として、「クラブ」「ナンパ」「ブログ」「SNS」という回答もありました。あるアンケートでは、女子高生の71.3%が「ネットだけで交流する友達がいる」と回答しています。一昔前までは考えられないことですが、今後さらにインターネットを利用した恋活&婚活市場は盛り上がりをみせそうですね。

みんなの出会いエピソード

続いて、筆者の周りの20代女子に「現在の恋人との出会いエピソード」を聞いてみました。今、身の回りに出会いなんてない……と嘆いているアナタも、これを参考にすれば、ビビビッ!と運命の相手に気がつけるかも?

▽「共通の友人の紹介。最初は友人も交えて5、6人でキャンプをしたり、飲みに行ったりするだけの関係でした。半年ほど経って向こうから告白されて、交際を始めました。お互いの性格をよく知ってから付き合いだしたので、特にギャップを感じることなく順調です」(25歳/出版/交際歴1年半)

友達の紹介に抵抗がある人は、グループ交際からスタートするとハードルが低いかもしれませんね。共通の友人がたくさんいるので、交際が始まってから破局しにくいというメリットも。

▽「職場。部署は違うので普段仕事で関わりはありませんでしたが、会社の飲み会で隣の席になり、意気投合。二次会のカラオケで酔った勢いで『結婚して!』と私からプロポーズ。さすがにまだ結婚はしていませんが、その後何度かデートをして、1ヶ月後から交際を始めました」(24歳/IT/交際歴半年)

今の職場に出会いがない!とあきらめるのはまだ早い。部署の枠を超えれば、素敵な出会いが待っているかも。

出会いは不思議なもので、意外と身近に転がっています。ただの知り合いから「恋人」へ一歩進める人とそうでない人の違いは、自らアクションを起こしているかどうかです。

これから気候が暖かくなり、バーベキューや花火など、夏のイベントが目白押し。その前に少し勇気をふりしぼって、恋のアプローチを仕掛けてみてはいかがでしょうか。

参考:恋愛事情についてのアンケート調査(アパレルスター販売員情報サイト「Starring.st」)

よく読まれている記事