恋したいけど自信が持てない…そんな女子に捧ぐ4つのアドバイス

4036618654_d166549d59_o

容姿、コミュ力、笑顔……。いろんな面で“女性”としての自信が持てず、恋に臆病になる女子が増えているようです。

街を歩く幸せそうなカップルをみて「どうせ私はモテないし……」とひがんでしまった経験はありませんか。今回は、自信のなさを克服するためのヒントをまとめてみました。

SNSをお休みしてみる

FacebookやTwitterで友達のリア充な投稿にうらやんだり、焦ったりしていませんか。「いいね」の数を比べて、「どうしてあの子ばっかり……!」とひがんでも、心はおブスになるばかり。

SNSに振り回されて、心をすり減らすぐらいなら、いっそのこと「見ない期間」を作るのが正解。思い切ってアプリをスマホから消してみては。一度手放すことで、心がラクになるはず。

朝型人間になる

頭では「朝型のほうがいい」と思いつつも、つい夜更かしをして、ゲームやスマホに夢中になっていませんか。

早起きは三文の徳と言われているように、朝型の人は夜型の人に比べて、前向きで幸せな人が多いことがわかっています。その理由は、夜は自律神経を整えるセロトニンが不足し、ネガティブ思考になりがちだから。

朝起きたら部屋のカーテンを開けて、朝日を浴びる習慣つくりましょう。明るい太陽の下だとクヨクヨ悩むことも減るはず。

ネガティブな愚痴は「ポジティブな言葉」で終える

愚痴は言わない方がいいと分かっていても、どうしても我慢できない瞬間ってありますよね。そんなときは信頼できる友達の前で「3分だけ愚痴らせて」と頼みましょう。

まったく愚痴を言わないのも、ストレスの原因になります。一通り言いたいことを言ってスッキリしたら、「すごくイライラしたの!でも話をきいてもらえてラクになった!」というように、ポジティブな言葉をプラスする習慣を身につけて。

短所を裏返しに考えてみる

自己啓発本を読んでいると、「自信を身につけたいなら、自分のいいところを10個あげてみましょう」などの助言が書いてありますが、そもそも簡単に10個も自分の長所をあげられたら、クヨクヨしなくて済みますよね。それができないから悩むのです。

そんなときは、まず自分の嫌いなところをメモして、逆の視点から見るのが有効です。例えば「短所:飽きっぽい」→「長所:好奇心旺盛」。「短所:傷つきやすい」→「長所:感受性豊か」といった具合です。

短所は、長所の延長線上にあると心得れば、自分を受け入れられるようになるでしょう。

この春こそ、自分を変えたい!と思っている方は、さっそく今日から実践してみてください。小さな習慣の積み重ねが、自分への自信につながるはずです。

よく読まれている記事