20代女子が「やっぱり年上彼氏はいいなぁ」と思ったエピソード

2783954242_f1b18cf986_o

昨年の後半から今年にかけて、話題となった「年の差恋愛」。芸能界でも西島秀俊さんが16歳年下の一般女性と結婚したり、竹野内豊さんと倉科カナさんの17歳差カップルの交際報道があったり。

世の「年の差ブーム」に影響されて、「次に付き合うなら年の離れた彼がいい」とひそかに思っている女子も多いのでは。そこで今回は、10歳以上年の離れた彼と付き合う20代女子たちに、「やっぱり年上と付き合ってて良かった!」と思ったエピソードを聞いてみました。

安心して甘えられる

▽「世話焼きなところ。酔っ払って帰ってきても、お風呂を沸かしてくれたり、しっかり介抱してくれる。仕事が忙しいときは、家事や料理も協力してくれるし、頼りがいのあるパパみたい!」(27歳/受付/16歳年上彼)

ときには「親子」のような関係になることもあるのが、年の差恋愛の魅力。年が離れているからこそ、変に見栄や意地の張り合いをすることもなく、安心して甘えられるのだとか。

悩み相談にも的確なアドバイス

▽「転職をしようか迷っていたときに、私の性格まで考えた上で、的確なアドバイスをしてくれた。おかげで今は仕事のストレスや不安から解放されて、幸せです」(25歳/秘書/10歳年上彼)

同世代男子に比べて、社会経験や知識量が圧倒的に上なのが年上彼氏の魅力。何かを決めるときも、安心して相談することができます。これぞ大人の余裕!

お姫様扱いしてくれる

▽「私の彼は45歳のバブル世代。なので、デート代はすべて払ってくれるし、記念日には高級ホテルを予約してくれます。私のことを喜ばせてくれようと、マメに尽くしてくれるのはやっぱり女性としてうれしい」(25歳/広告/20歳年上彼)

リッチなデートやサプライズを欠かさないのが、大人の男性の魅力。年上なら金銭的に余裕もあるので、遠慮なく喜べるそう。これは年下や同棲代男子にはなせないワザ。

リードがうまい

▽「デートプランは彼が全部決めてくれます。食事をするときも『今日はさっぱりしたものが食べたい』といえば、すぐに希望通りのお店を探してくれるところもいい」(24歳/出版/10歳年上彼)

いろんな経験をしていると、女性の扱いにも慣れてくるもの。細やかな気遣いができたり、さりげないレディーファーストにドキっとする女性も多いようです。

年上彼氏は魅力がてんこ盛り!

人生経験のある年上彼氏は、一緒にいて安心できるのが一番の魅力。ちょっとぐらいのわがままも笑顔で聞いてくれたり、常に大きな愛で包み込んでくれるそう。

かくいう筆者も年の差恋愛をしている女子のひとりですが、一度、年上の良さに気づくと、「もう同世代とはつきあえない」と思ってしまいます。「恋人に思いっきり甘えたい」というタイプの方は、アラフォー男子に狙いを定めてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事