これで失敗ナシ!男心を惑わせる「究極のモテ仕草」3つ

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_m

ボディタッチ、アイコンタクト、笑顔ー。

この3つは、男性を落とすモテ仕草として、恋愛本やネットのコラムでよく紹介されているので、すでにご存知の方の多いはず。しかし、やり方やタイミングを間違えると、相手に不信感を与えることも。

彼の気持ちを射止めるためのテクニックが、ただの「おブス仕草」で終わってしまうなんて悲しいですよね。そこで今回は、鉄板のモテ仕草を総おさらい。男性を惑わすためのポイントを徹底的にレクチャーします。

ボディタッチ:服の上から、無邪気に

▽「職場に自然なボディタッチがうまい女性がいて、男性社員はみんな虜になっています。『よろしくね』と言いながら、肩をポンっと叩く感じ」(24歳/営業)

ボディタッチで大切なのは、直接肌に触れないこと。手や顔、髪の毛などはNG領域。当然ですが、太ももなどセクシャルな雰囲気をにおわせる部位も触れてはいけません。

触れてもいい場所は、肩や服の裾。「お手洗いに行ってくるね」と席を立つついでに、肩をポンとしたり、「ちょっと待ってー!」といいながら、服の袖を軽く引っ張ったりするのが自然。

お色気ムンムンに“ねっとり”ではなく、無邪気に行うのが正解です。

アイコンタクト:会話が途切れたときに

▽「上目遣いに弱い。好きな子から数秒見つめられると、恥ずかしくてつい目を反らしてしまう」(22歳/大学生)

モテの王道といえば「上目遣い」ですが、アイコンタクトをするときは、「沈黙」のタイミングを狙うのがおすすめ。

会話が途切れたときに、彼と視線を交わせて、3秒キープ。その後、笑顔で会話を始めると、ロマンチックな沈黙を印象づけられるはず。

笑顔:鏡の前で研究を

▽「大口を開けて、両手を叩いて笑う女性には、色気が感じられない」(28歳/SE)

笑顔がステキな女性は、それだけで魅力的に見えるもの。でも男性から見たら「この笑顔はちょっと……」とがっかりするものがあるようです。

上記以外にも「歯茎がみえている」「歯が黄ばんでいる」「目が笑っていない」などの意見が集まりました。思いっきり笑いたいときは、手を口に添えたほうがいいかも。

一度、鏡で自分の笑顔を見て研究することも大切ですね。

追いかけたくなる女を目指そう!

王道なモテ仕草とはいえ、ついついやりすぎていたり、微妙にポイントを外していたり……「おブス仕草」になりかけていた人も多いのでは。

ポイントは、無邪気と色気のバランスを保つこと。あなたも気になる彼に実践して、彼の心をドキっとさせてみてくださいね。

よく読まれている記事