モテないのは汚部屋のせいかも?恋愛運がアップする風水・5つ

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_m

きれいな部屋に住むと、恋愛運が良くなること、知っていますか?

部屋が散らかっている人は、判断力が鈍っているため、ダメンズに引っかかりやすい傾向も。

たまにはきれいさっぱり大掃除をして、居心地のいい部屋で恋の運気を呼びこみましょう。

洋服をカーテンレールにかけない

洋服をカーテンレールにかけると、日が入りづらく家の中に陰気が満ちてしまい、ネガティブ思考になったり、やる気が起きなくなってしまいます。

また、カーテンの色が黒やグレーなど暗い色だと、恋愛運に悪影響。ピンクなど暖色系の色で選んで、明るい空間作りを心がけましょう。

元カレからのプレゼントは捨てる

「まだ使えるから」「モノに罪はないし……」と昔の恋人からもらったプレゼントを未練たらしく部屋に残していませんか。

元カレからもらったモノは、悪運を帯びています。とくにアクセサリーは、交際運を高めるアイテムなので、元カレからの贈り物を捨てずにいると次の恋に進めません。

ぬいぐるみは置く場所に注意

いくつになっても「かわいい!」と集めてしまいがちなぬいぐるみ。しかし、ぬいぐるみや人形は風水ではあまりよくないものと言われています。

特に、ベッドにたくさんのぬいぐるみを置くと、エネルギーが吸い取られて運気が下がってしまうそう。そのほか、「玄関」や「トイレ」なども避けたほうが無難。

また、長年連れ添ったぬいぐるみには、持ち主の思いや未練が宿るといわれているため、たまには天日干しをして浄化してあげることも大切。

鏡はいつもピカピカに

鏡をピカピカにしておけば、恋愛運や美容運がみるみるあがります。

たとえ汚れていなくても、鏡を磨くクセは日頃からつけておきましょう。洗面台やお風呂の鏡は、水滴のあともきちんと取ること。

また、絶対に避けたいのが、寝室でベッドを映すように置くこと。寝ている姿が鏡に映っていると、本来自分の中に入ってくる運気が鏡に吸収されてしまい、恋愛運が下がってしまうそう。鏡は置く場所にも注意して。

枕元には何も置かない

枕元にキラキラするものやガラス製品をおくと、恋愛運が下がってしまうそう。また派手な色のものも、精神に悪影響が出るので要注意。

枕元には本や小物は置かず、すっきりさせておきましょう。安眠のためにも、寝る前にベッドの中でスマホをみる習慣はやめたほうがよさそうですね。

居心地の良い部屋に住んでいると、気持ちも前向きになるもの。幸せ体質を目指して、片付けに励んでみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事