男性がおもわず逃げ出したくなる「追い込み系女子」の特徴

302a9b4f67d44f5a533c66fef9422653_m

男性はズバズバと正論を返してくる女性が苦手。彼のためを思って言ったつもりの発言が、知らぬ間に彼の心をぼろぼろに傷つけていた……なんて経験はありませんか。

「もうお前とはムリ!」と別れを告げられてしまう前に、ナイーブな男心を理解しておきましょう。今回は、正論で追い詰められたことのある20代の男性たちが、その被害経験を激白してくれました。

レディファーストの強要

「デート中、僕の歩くペースが早かったことに、彼女が激怒。『あなたはどうしてレディファーストができないわけ?私はヒール履いてるんだからもっと大事にしてよ!』と言われました。別におしゃれしてきてなんて頼んでないし、そんなに怒らなくても……」(22歳/大学生)

大好きな彼に「守ってほしい」という女心は分かりますが、育った環境が違えば、常識や考え方も異なるもの。

何かお願いするときは、「いつもありがとう」「ちょっと言いにくいんだけどね」などのワンクッションを挟んでから伝えると角がたたないはず。

合コンでの余計なKY発言

「某有名大学の高学歴女子と合コンをしたとき、『どこに住んでるの?』と聞いたら、『それ聞いてなんか意味あるんですか?初対面なのに失礼だと思います』って妙に警戒されちゃって。こっちは会話を盛り上げるために質問しただけなのに。それから、なんか言うたびに畳み込んできて疲れました」(27歳/営業)

追い込み系女子は、素直でつい本音をすぐ口にしてしまうタイプ。なので男性からは「一言余計」「空気が読めない」と思われることも。

女性に正論を振りかざされると、黙り込んでしまう男性は多いので、「何の意味があるの?」と疑問に思うところがあっても、話の腰を折るような発言は控えたほうが◎。

上から目線でアドバイス

「仕事で疲れたときについ彼女に愚痴を言ったら、マジレスされて困りました。同業種ということもあって、彼女も熱く語り出して。挙句の果てに『あなたのこういうとこが、ダメなんだよ』と説教される始末。本当はただ話を聞いてほしかっただけなのになぁ……」(25歳/IT)

彼が悩んでいる姿をみると、ついつい「私の経験では……」とアドバイスをしたくなることもあるはず。

しかし仕事に対してプライドを持っている男性ほど、女性からずばっと意見をされると“ダメ出しされた”と勘違いしてしまうもの。男の愚痴には「そっかぁ、大変だったね」と共感する程度にとどめておいたほうがいいかも。

女性が思っている以上に、男心はとってもナイーブ。女子の皆さん、逃げ場のない正論で彼を追い込まないように注意しましょうね。

よく読まれている記事