「彼氏ほしいけど、出会いがない」を卒業する3つの習慣

d0f2b175cb5bd3ae1723b7f2659dc752_m

彼氏ほしい、結婚したい。そう思って、出会いの場に行ってみたけど、やっぱり恋愛ができない……。

それなりに行動しているのに、なかなかいい人に巡り合えないのは、あなたの“心持ち”に問題があるのかも。

ここでは、自然な出会いを引き寄せる3つの習慣をご紹介。幸せそうな友達カップルを指をくわえて見ているだけの生活におさらばしましょう。

1.出会いはどこにでもある

「出会いがない」「恋愛できない」と嘆く女性の多くは、出会いがないことを理由に恋愛を遠ざけている場合がほとんど。

たとえ、学校、アルバイト、会社が女性だらけでも、家から一歩外に出れば、電車の中やコンビ二で男性と触れ合う機会はそれなりにあるはず。

「いい人がいないの……」という口癖は、今日から禁止。「恋のチャンスはどこにでもある」と認識することから始めましょう。

2.自分の好きなところをみつける

「いいな」と思う人がいても、うまくいかないかもという気持ちが先に立ち、容姿などを盾に、恋愛を遠ざけてはいませんか。

本来、容姿や性格に対する評価は周りがするもの。周囲は自分が思っているほど、相手に注目していません。よほどの美人でない限り、周りから“チヤホヤ”されることなんてほとんどないのです。

つまり、容姿に対するコンプレックスを作り出しているのは自分自身。「どうせ可愛くないし」と嘆くのはやめて、自分のいいところをみつけたほうが気持ちも前向きになり、魅力が輝きだすはず。

3.恋愛に過度な期待をしない

身近な男性を恋愛対象外だと決めつけ「出会いがない」と嘆いていませんか。

相手の短所や欠点ばかり探して「~だからムリ」と恋人候補から除外していては、いつまでたっても相手の本当の魅力に気付くことができません。恋愛では長所も短所も含めて、お互いのありのままを受け入れることが大切。

つい相手に求めるものばかり考えてしまう人は、「ここだけは譲れない」という最低ラインを認識し、そのボーダーをクリアしていれば、とりあえずOKという気持ちを持ちましょう。そうすれば、恋愛に発展する可能性はぐんと広がります。

「出会いがない……」「いい人がいない……」はウソ!ついつい恋心に蓋をしてしまうNG習慣を改めて、今日からあなたも恋愛体質を目指してみてくださいね。

よく読まれている記事