【こいつはくせぇ】20代男性の33.2%「彼女のアソコにこっそり幻滅」

6a34c312aaf67411649b00c5a0f035e7_m

ジメっとした梅雨の季節がやってきましたね。気温が暖かくなると、気になり始めるのが「ニオイ」。

特に夏は薄着で汗をかきやすくなるので、夕方の混雑する電車の中やラブタイムなど接近戦になると、「私、臭いって思われてないかな?」と不安になった経験のある女子も多いのでは。

15歳~29歳の男女975人を対象に行った、株式会社マンダムのアンケート調査によると、男性の約3割強が「彼女のニオイが気になる」と回答したそうです。女子の思惑通り、若い男性はニオイに厳しい様子。なかには「付き合ったことを後悔する」という辛辣な意見までありました。

そこでここでは、「こっそり幻滅してしまった彼女のニオイ」について、20代男性に意見を聞いてみました。

想定外のおやじ臭「頭皮のニオイ」

▽「映画館に行った時、彼女が肩にもたれかかってきたので、頭をなでなでした瞬間、納豆みたいなニオイがしてショックを受けた」(25歳/広告)

夏は湿度も高く、汗をかきやすいので、毎日洗っていても頭皮のニオイが取りきれないこともありますよね。とはいえ、「女子の髪の毛は、シャンプーの香りがデフォルト」と思い込んでいる男性は意外と多いもの。

想定外のおやじ臭で、彼を幻滅させないようにこれからの時期は特に念入りなケアを怠らないで。髪の毛はしっかり乾かしてから寝ること。メイクを落とすオイルクレンジングで、週に1度、頭皮マッサージをするのもおすすめです。

一服する姿にもげんなり「タバコのニオイ」

▽「就活で知り合った女の子とカフェに行ったとき、『ごめん、一服していい?』とタバコを吸い始めたんです。好みのタイプだったのに、一気に冷めました」(22歳/学生)

喫煙女子は、男性から不評です。タバコはニオイだけでなく、歯が黄ばんだり、不健康に見えたり、恋する乙女にとって何一つメリットがありません。

吸うか吸わないかは個人の自由とはいえ、出会いの機会を逃したくないなら本気で禁煙を考えた方がいいかも。

スニーカー女子は要注意「足のニオイ」

▽「僕の彼女はよくブーツやパンプスを履くんですが、脱いだときの悪臭が半端ない。一度、お座敷の居酒屋に連れて行ったときは、もう部屋中になんとも言えないニオイが漂って、食欲も失せました」(27歳/営業)

これはヒドイ。足のニオイは、体臭の中でも強烈な破壊力があるものです。

最近増えてるスニーカー女子は、要注意。靴の中で汗をかくと、細菌が古い角質を分解し、あの嫌なニオイを発生させるそうです。

予防策は、垢をためないこと。お風呂に入ったときに角質ケアを行うだけで、かなり軽減されます。

鼻が曲がるほど「脇がクサイ」

▽「元カノの脇が年中臭かったこと。最初はたまに臭うなぁぐらいだったけど、彼女の家に泊まりに行ったときに、タオルや部屋着も鼻が曲がるほど臭くて、ワキガを確信。正直に言ったら傷つけそうだったので、テキトーな理由をつけて別れました」(26歳/公務員)

薄着になるこれからの季節、男女問わず気になるのが、脇のニオイなのでは。

自分のニオイは意外と気がつかないものなので、母親や仲のいい女友達など、信頼できる人に「私のニオイ気になったことある?」と聞いてみるのもいいかも。

脇のニオイは、「汗をかいたらデオドラントシートなどでこまめに拭く」、「食生活を見直す」ことで、ある程度軽減することができます。重度のワキガは、手術という選択肢もあるので、どうしても気になる人は一度専門医に相談してみるといいかも。

目指せ、接近戦に強い女!

女性に比べて、男性は「恋人のニオイ」を不快に感じても、相手に指摘せずに終わることが多いようです。知らぬ間に「くっせー!」と幻滅されないように、特にこれからのシーズンはデオドラントケアに気を配りたいところ。

いつでも“いい香り”を漂わせる女性になって、彼との接近戦を楽しんでくださいね。

よく読まれている記事