恋にも断捨離が必要!今すぐ捨てたほうがいい恋愛の特徴・3つ

4bd27f56612cac136258eb68967e13f8_m

「好きって気持ちが薄れてきているけど寂しいから別れられない」「別れたらもう、一生彼氏ができないと思う」

そんな気持ちで、だらだらと中途半端な恋愛を続けている人もいるのではないでしょうか?

好きじゃないわけじゃない。嫌いになったわけでもない。それでもやっぱり彼のことを「好き」と言いきれず、他にいい人がいれば乗り換えたい……。そんな恋愛、きれいさっぱり捨ててしまいませんか?

ここでは恋の断捨離、捨てたほうがいい恋愛の3つの特徴をご紹介します。

1:浮気者の彼は「持ち手の壊れたブランド鞄」

浮気者の彼と懲りずに付き合っている人もいるかもしれません。彼の浮気を心のなかでは許せていないものの、悔しくて別れられない、せっかく付き合っているのに別れたらもったいない……。そんな気持ちでいませんか?

浮気者の彼とだらだらと付き合い続けるのは、持ち手やファスナーの壊れたブランド物の鞄を捨てられないのと同じような心理です。

「せっかく買ったブランドものだから……」「ちょっとくらい破れていたってまだ使える……」と悔しさゆえに捨てられず、素敵だと思えないものを持ち続けます。

捨てられない気持ちの根底にあるのは「これだけお金をかけた(頑張った)んだから、報われるはず」という甘い期待。

治すことができないものなら、いくらブランドでも価値がありません。それどころか、自分をどんどん安っぽい女に見せてしまうでしょう。

2:飽きてしまった彼は「毛玉のついたお気に入りの服」

長期に渡って付き合い続けてはみたものの、いつの間にか「好き」だと思えなくなっている彼。「今さら別れるのも……」と気持ちはないのにだらだらと時間を費やしていきます。

そんな彼は、昔は似合っていた毛玉のついたお気に入りの服と同じ。長年付き合った愛着ゆえに別れられませんが、もう着ることはできません。着てみても昔ほど似合っていなくてイマイチ。

その服はもうあなたを輝かせないのと同様に、彼も今のあなたには不釣り合いなのかもしれません。

「新しい服を見つけたら捨てよう(=ほかに好きな人ができたら別れよう)」では、いつまでたっても素敵な服には巡り合えません。捨てるからこそ新しい出会いがあるのです。

3:付き合ってみたけれど好きになれない彼は「効用のないパワーストーン」

また、付き合ったら好きになれるかも……と思って付き合っている彼は、効き目のないパワーストーンと同じです。信じて持ってはみたものの、今さらはずせなくなってしまうのと一緒。

「いつかは好きになれるかも」の「いつか」は自分で行動しない限り、いつまでもやってこないでしょう。持っているだけで幸せになれることなど、まずありません。

恋も断捨離すると心がすっきりするもの。初めは喪失感や寂しさに襲われるかもしれませんが、捨てることはもっと素敵な未来を手に入れるためには欠かせないことなのです。

よく読まれている記事