94.3%の女子が歓喜!壁ドン以上にウケる夏のモテ仕草「網トン」って?

cd560498b9e5dc26b2d114e5964a66ce_m

夏といえばアウトドア。海やキャンプ、花火などを楽しみにしている人も多いのではないえしょうか?

一方で、楽しみなアウトドアに水を差すのが「虫」の出現です。どんなに楽しいイベントの最中でも、顔や足に虫が止まると不快な気持ちになってしまいますよね。

そんななか、20~30代の女性を中心に人気のモテ仕草「網トン」があるのをご存知でしょうか?壁ドンや顎クイ、胸キュン仕草は数あれど、夏のモテ仕草「網トン」には敵いません……!

9割の女子が虫嫌い!

ダイオ化成株式会社が、恋人のいない20~30代の独身女性600名を対象に行った「防虫と生活に関する意識調査」によると、虫が「嫌い」と答えた女性は79.6%、「やや嫌い」と答えたのは18.0%という結果になりました。合計で94.3%の女性が「虫が嫌い!」と回答しています。まあ、当たり前といえば当たり前ですよね。

さらに、網戸に虫を見つけた場合にどうするかという質問に対しては、58.5%の女性が「放っておく」と回答。「さわれないから」「自分ではどうしようもない」といった女子ならではのコメントがあげられました。そんな夏のイヤ~な虫の現象を解消してくれるのが、「網トン」です!

夏に熱い恋したい!「網トン」って?

網トンとは、網戸についた虫をトンッと軽く払って虫を退治してくれる仕草のこと。男らしいたくましい腕で、華麗に虫を追い払う姿こそ、まさに男のなかの男です。

実際に94.3%の女性が「網トンされたら嬉しい」と答えています。「きゃー、虫がこわ~い!」と叫んだり、スリッパやティッシュの箱を使って虫と格闘するのではなく、あくまでナチュラルにトンッと虫を追い払う、もしくは片手で軽くつぶしてくれるのです。

追い払ったあとは虫を怖がっている彼女に「こわかった?」「もう大丈夫だよ」と優しい言葉をかけるところも素敵です。想像してみましょう。あなたの理想のイケメンが、網戸についた虫を片手で爽やかに追い払っている姿を……。なんと素敵な光景でしょうか。

「網トン」してもらうためのポイント

「きゃああ!蛾が網戸に止まってる……!!」なんていうときに、彼のほうから「まかせろ」と蛾を追い払って網トンしてくれたら素敵ですよね。網トンしてもらうためにはどうすればいいのでしょうか?

網戸をキレイにしておく

網トンしてもらうために網戸をキレイにしておくのは、基本中の基本です。網戸が汚かったら、どんな男性でも網トンする気が失せてしまいますね。彼を自宅に招く場合は、網戸をキレイに磨いておきましょう。

香りつきのティッシュを用意しておく

退治した虫が彼の手のなかで死んでしまった場合、すぐさま取り除いてあげられるよう香りつきのティッシュを用意しておくのもいいでしょう。虫の死骸からの落差にときめかれること間違いなしです。

また、カーテンを閉めずに網戸をしておくことで、明るさにつられて虫が寄ってきやすい網戸になります。大量の蛾がキレイな網戸に止まったらもう心配ありません。あとは彼に身をゆだねて網トンしてもらいましょう!

よく読まれている記事