経験者の96%が「結婚前に同棲してよかった」と回答!その理由とは?

12d199864b2f9eb06caa4e6d00cc7e04_m

時代は変わっているとはいえ、まだまだ賛否両論ある「結婚前の同棲」。ある調査では、同性カップルの8割が破局しているというデータもあり、婚期を遅らせる原因にもなりかねません。

そんななか、楽天ウェディングは、同棲に関するインターネット調査を実施。その結果、同棲経験者のうち、96%が「結婚前に同棲してよかった」と回答。

そのうち91%が「結婚を決めていないカップルに結婚前の同棲を勧めたいと思う」と答えました。気になるその理由をランキング形式でご紹介します。

3位:お互いの食生活や生活習慣を知ることができる(53.8%)

「目玉焼きはソース派、醤油派?」ということから始まり、寝具やバスタオルを洗濯する頻度や、便器のふた開けっ放し問題まで、同棲をすると、お互いの食生活や生活習慣の違いを知るきっかけにもなります。

外ではおしゃれでイケメンの彼が、家の中ではパンツ一丁で過ごしていて幻滅したなんて女性のエピソードも聞いたことがあります。あらかじめ同棲をしておけば、どちらか一方がイライラすることもなく、相手に対する許容度も広がるはず。

2位:相手の価値観がわかる(60.1%)

育った環境や性格の違うふたりが一緒に生活を始めると、考え方の違いで衝突することもあるもの。

なかでも金銭感覚の違いは、結婚生活において重要度の高い項目です。この感覚が合わないと、せっかく結婚しても、離婚の道をたどる可能性が高いでしょう。

同棲をすれば、結婚前に相手の価値観が自分と合うかを判断することができ、後悔のない結婚を決めることができます。

1位:結婚生活が想像しやすくなる(74.7%)

特にお互いに実家暮らしで、いつも外でデートをしているカップルは、相手の日常生活があまり見えません。

結婚して一緒に生活をし始めたら、家事がまったくできなかったり、部屋の片づけをしなかったり……それまであまり見えなかった欠点がみえてくることもあるでしょう。

同棲は、将来のパートナーとして彼がふさわしい相手なのかを見極めるいいきっかけになるのかもしれません。

幸せな同棲を始めるコツは●●にアリ?

ちなみに同棲前に自分の意見を通しておけばよかった点として、最も多かった回答は、男女ともに「家賃」。ふたりの新しい生活を始めるには、それなりにお金がかかるもの。

あとになってギクシャクすることのないように、特に毎月の家賃や生活費の負担額は、きちんと話し合っておいたほうがよさそうです。

そのほか、男女別にみると、男性は2位に「通勤・通学時間/通勤・通学の便のよさ」、3位に「駅からの距離」。女性は2位が「駅からの距離」、3位が「利便性(スーパー、病院、公園などの施設に近い)」と続きました。

また、同棲時に住んでいた家の間取りは、「2LDK」(26.3%)、「2DK」(24.3%)、「1LDK」(14.3%)の順に多い結果となりました。これから同棲を始めようかなと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

よく読まれている記事