実はメリットが多い!年の差婚がずっとラブラブで過ごせる理由・3つ

Cheerful Japanese couple taking selfie at the temple

西島秀俊さんに、眞鍋かをりさん。ここ数年は、何かと話題の年の差婚。最近では、芸能界だけでなく、一般人の間でも「年の差を気にしないカップル」が増えているのだそう。

なぜ年の差婚が増えたのか

結婚相談所・株式会社アルパが行なった「結婚に関するアンケート」によると、10年前は全体の15%にすぎなかった「11歳以上差」の結婚が、現在はなんと46%!なんと、3倍も増加しています。

なぜ、いま年の差婚が増えているのでしょうか。それは、結婚適齢期の20代後半の女性が、こぞって40代男性に惹かれているからだといいます。

20代女性は、同世代のゆとり男子たちに「草食系」「頼りない」「男らしくない」という印象を持っている人が多いのは事実。たしかに、ゆとり世代は男女のボーダーレスが進んでおり、「女子力男子」なんて言葉もあるくらい「男らしさ」にかける男性が増えています。

そんな「自分より女らしい」男性の同級生たちを目の当たりにしていたら、「もっと男らしい人と結婚したい」という考えに行き着くのは当然のことなのかもしれません。

そんな20代女子が惹かれるのが、40代男性。40代男性はバブル最後の世代でもあり、バブル時代の「男のモテ」を知っている最後の世代でもあります。

デートコースを男性が決めるのは当たり前、お会計は女性に絶対払わせない、記念日には高級なレストランをサプライズで予約……など、言ってしまえばひと昔前の恋愛のセオリーを未だに実行できるのが40代男性。

これが30代の女性だったら、そんな「型にはまったつまらない男」は願い下げ、と思うかもしれませんが、20代の女性は今までの同世代男性に全くこんなことをされてこなかったため、セオリー通りだとしても「新鮮」と感じてしまうのです。

そんな「男らしさ」に惹かれ、20代女性はあえて40代の男性と年の差婚をする人が増えているのではないでしょうか。

さらに、統計的に見ても年の差婚の離婚率は低いのだそう。年の差夫婦がずっとラブラブでいられる理由とはどこにあるのでしょうか?10歳以上年上の旦那さんを持つ、既婚女性にその秘訣を伺いました。

素直に甘えられる

▽「年齢が離れていると社会経験もまったく違うので、ライバル心が芽生えることがない。意地や見栄を張ることなく、なんでも素直に相談できるのが円満の秘訣」(25歳/メーカー)

年齢が離れていると「世代が違うから仕方ない」と思えることが、同世代だと相手の気持ちが分かるだけについ許せないこともありますよね。同じ立場だとお互いに譲歩できずに、いつまでもダラダラとケンカしてしまうこともあるでしょう。

一方、年の差があると、相手のほうが精神的に成熟しているため、少しぐらい女性が感情的になってもケンカになりにくいようです。

年をとってもオバサンにならない

▽「結婚して6年目ですが、彼はいまだに結婚記念日や誕生日にお花を贈ってくれたり、洋服を新調すると『かわいい』『よく似合ってる』などのほめ言葉を欠かしません。ちょっとしたことですが、ほかの女性に目移りすることなく、愛情を100%自分に向けてくれるので自分にも自信を持てる」(30歳/マスコミ)

同世代婚では、女性が年を取ると旦那さんはすぐに「オバサン」として扱うもの。若い男性だと不倫に走ってしまうこともあるはず。

一方で年の差婚は、多少女性が年を取ったとしても旦那さんからすれば『少女』のままですから、いつまでもラブラブなケースが多いようです。

彼の両親にも歓迎してもらえる

Generations of Family

▽「14歳年上の彼との結婚が決まったとき、彼の両親はかなり歓迎モード。結婚式の準備の際も、姑が意見を言うことはほとんどなく、『ふたりの好きなように進めて』とかなり寛容でした。今でもわが子のようにかわいがってもらっています」(27歳/専業主婦)

結婚をすると気になるのが「嫁・姑問題」。アラフォーを過ぎた男性は、両親からすっかり独立し、それなりに社会的地位を築いた人が多いため、結婚後も彼の母親があれこれと干渉してくるということはほとんどありません。

最近は、「ママっ子男子」という言葉が話題になるように、親離れ・子離れできない彼氏にうんざりしている女性にとっては、夢のような条件なのではないでしょうか。

同世代同士では経験できないような、素敵な経験が待っている年の差婚。これまで年上男性にあまり興味のなかった方は、ぜひこの機会に職場やバイト先で出会う身近な男性にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事