1位はやはりアノ駅!現役慶應生に聞く「慶應ボーイと出会える街ベスト5」

Young Japanese Man on the Phone

イケメン・高収入・高学歴な男性は、いつの時代も世の女子の憧れですよね。そんな条件を兼ね備えているとされるのが、慶應ボーイです。

もともと家がお金持ちの慶應ボーイも多く、学生のうちから外車に乗っている人もチラホラ。中にはその輝く学歴と人脈をうまく生かして、就活戦線を突破し、有名企業に入社して1年目から年収600万円ゲット……なんて人もいるそう。

ここはぜひとも、今のうちからお近づきになって、あわよくば玉の輿を狙いたいところ。とはいえ、日常生活を送る中で慶應ボーイなんてそうそう出会えませんよね。彼らと知り合うためには、いったいどこへ行けば良いのでしょうか?

そこで今回は、慶應ボーイを直撃して突き止めた、「慶應ボーイが生息している場所」ベスト5をご紹介します。

5位:芝公園

▽「キャンパスのある三田より、ちょっと歩いた芝公園でのんびり外飲みをしている方が多いかも」(3年・商学部)

▽「授業が休講になると、よく芝公園に行って読書をしています」(2年・文学部)

慶應大学のキャンパスがある三田駅から、隣の浜松町まで歩いたところにある芝公園。意外にも、三田そのものよりも芝公園にいる、という慶應ボーイが多くいました。そこで読書をしたり、天気のいい日は友達と外で飲んだり、お弁当を食べていたりするそう。

大学生風の見た目で、芝公園で過ごしている人は、慶應ボーイの確率が非常に高いとのこと。ドラマによくある「公園での偶然の出会い」っぽく、「どんな本を読んでいるんですか?」なんて話しかけてみると、案外簡単に仲良くなれるかもしれません。

4位:自由が丘

▽「日吉キャンパスから近いオシャレスポットなので、カフェ目当てによく行きます」(3年・法学部)

▽「自由が丘のカフェは好きですね。美味しい居酒屋やバーも多くて好きな場所です」(4年・経済学部)

慶應大学の日吉キャンパスから、東横線に乗って15分ほどで着く自由が丘。女子の間でおしゃれなカフェやお店がたくさんのスポットとしてもっぱら人気ですが、慶應ボーイ達もそんな自由が丘がお好きなようです。

コーヒーの美味しい静かめなカフェが人気で、講義の合間にリフレッシュしたり、ちょっとした課題を落ち着いてこなすために行くことが多いようです。さすが慶應ボーイ、息抜きするにもオシャレですね。

3位:六本木

▽「六本木でバイトしています。時給もいいし、雰囲気もいい」(4年・文学部)

▽「森美術館が好きでよく行ってます。ヒルズでバイトしている友達も多いですね」(3年・薬学部)

3位もオシャレスポット、六本木がランクイン。慶應大学三田キャンパスから歩いても20分ほどで到着でき、おしゃれなカフェやバーなどが立ち並びます。そんなこともあってか、六本木は慶應生のバイトやデート、遊びのメインスポットだそうです。

特に多かったのが「六本木のカフェやバーでバイトしている」という声。六本木は時給も良く、雰囲気や客層も良いので働きやすいと慶應ボーイに人気のようです。もしも六本木でイケメンのアルバイトを見つけたら、話しかけてみてはいかがでしょう?簡単に慶應ボーイを発掘できるかもしれません。

2位:渋谷

▽「飲み会はだいたい渋谷。あとはライブハウスに行く事も多いかな」(2年・商学部)

▽「暇な時は渋谷で買い物したり、飲んだりしている。ナンパもだいたい渋谷でするかな」(4年・法学部)

日吉キャンパスから東横線で1本で行ける渋谷が、2位にランクイン。サークルの飲み会や合コン、ナンパまでもだいたい渋谷がメインスポットだそう。なんと「学生証を見せながらナンパしたこともある」といった話まで飛び出しました。

ナンパはうっとうしいかもしれませんが、もしも青と赤のラインの入ったシルバーの学生証を持っているようであれば、それは慶應ボーイ。顔面を見て、悪くなければお近づきになっておいてはいかがでしょうか。

また、渋谷にはこれまたイケメン揃いと名高い、青山学院大学の学生も多く生息しています。渋谷で見つけたイケメン学生くんに声をかけてみれば、高確率で青学ボーイまたは慶應ボーイと知り合いになれることでしょう。隠れ美味しいスポットですね。

1位:日吉

Three Japanese Students Discussing on Staircase, Campus, Kyoto, Japan, Asia

▽「メインキャンパスが三田だろうと、遊ぶ時は日吉」(2年・文学部)

▽「週3ぐらいで日吉のラーメン屋に行く」(4年・理工学部)

1位は、メインキャンパスの1つである日吉キャンパスのある、東横線日吉駅でした。とはいえ、三田よりも日吉にいるほうが多い、というのが意外。「日吉の方が、馴染みの店が多くて遊びやすい」とのことでした。

日吉の商店街は「ひようら」と慶應生に呼ばれており、美味しいお店や居酒屋が立ち並んでいます。慶應ボーイは、昼はひようらでランチを済ませ、夜は通い慣れた居酒屋へ行き、日吉駅の待ち合わせスポット「銀玉」の前でおしゃべり、という生活を送っているのだとか。

またこれまでの他の街に比べ、他大学の学生が少ない街でもあります。つまり、日吉でイケメン大学生を見つけたら、ほぼ慶應ボーイと思って間違いないそうです。ヒット率が非常に高いので、本気で慶應ボーイを捕まえるなら日吉が一番効果的なスポット。

ポイントは「東横沿線」の街

メインキャンパスのある日吉や三田をはじめ、様々なところに生息している慶応ボーイ。調査してみて分かったポイントは、だいたいが「東横線沿線」を好んで生息している、ということでした。

慶応大学に入学すると、まずは日吉キャンパスで授業があります。そのため、まずは東横線沿線に一人暮らしをする慶応ボーイが多いことが理由のようです。

さて、これらのスポットには、夏休みでも慶応ボーイがうじゃうじゃ生息しています。これらのスポットで慶応ボーイをゲットして、玉の輿を夢見てみませんか。

よく読まれている記事