キャーッ、耳が痛い!女性からの告白が失敗しやすい本当のワケ

28c82dbd1caf7c1da0ca10616fa4d7dd_m

愛の告白はいつの時代も男性からしてもらいたいもの。しかし若い男性の草食化が進む中、煮え切らない彼の態度に我慢できず、自分から気持ちを伝えてしまう女性も多いようです。

傍からみれば、自分に自信があって「恋愛上手」にみえますが、実はこのタイプの女性は最終的に“都合のいい女どまり”で幸せになれないことが多いのだそう。今回は、女性からの告白が失敗しやすい理由について、解説していきます。

女性から惚れ込むと失敗しやすいワケ

婚活アプリ「マッチアラーム」の調査では、「好きな人ができたら自分から告白する」と回答した女性は44.1%。「早く付き合いたいから」「言わないで後悔したくないから」など、ガツガツ系の男前な意見が目立ちました。

長期的な交際や結婚を視野に入れるなら、どちらが告白するかは大した問題ではないかもしれません。しかし実際は女性から惚れ込んで告白するケースは、二人の関係性に微妙な力関係が生まれやすく、失敗に終わることが多いのだそう。

その理由について、作家・藤田徳人さんは著書「恋は打算的なほどうまくいく」の中で以下のように解説しています。

▽「本来女性は男性からの投資を受けて、その資質を吟味しなければならないのに、女性のほうから惚れてしまうと、十分な投資を受けられるかどうかを判定しないうちに、男性に獲得されてしまうことになります。つまり、女性に与えられた最後の切り札である選択権(セックスの相手を女性が選ぶ選択権)を相手に譲ってしまうことになります」(藤田さん/以下同)

最近は付き合う前に体の関係を許してしまう女性も増えていると聞きます。しかし生物学的な男女の違いや結婚の制度などは、昔から何も変わっていません。

そうなると、女性から好意を伝えたり、男性からの告白がないままセックスを提供することは、現代においても“都合のいい女どまり”で終わってしまうことが多く、仮に付き合えたとしてもすぐに飽きられてしまうのです。

短命恋愛を「勝ち組」と錯覚してはいけない

「付き合う前に体を許すのは女にとって不利」というと、「でも女性にだって性欲はあるし、遊びの恋をしたっていいじゃん」という反論が返ってくるでしょう。たしかに若いうちは、割り切った関係を楽しむ時期があってもいいかもしれません。

ただし、遊びの恋をするのであれば、セックスの経験人数と自分のモテ度は切り離して考えなければなりません。

▽「周りからみれば不幸癖がついている女性でも、思い込みによって成功し続けているように考えることもできます。一度セックスをしてすぐに男性を振ってしまえるような女性はまさにこのパターンです。相手をすぐにふってしまえば、“都合のいい女”にされてしまうことがないので、自分のプライドも保つことができ、自分がまるで勝ち組にいるような錯覚をいつまでも抱き続けることができるのです」(同)

おもわず「耳が痛い!」と叫びたくなった女性もいるはず。片思いをしたら、まず男性から告白させることを意識しましょう。そして何よりも大事なのは、ときめきに押し流されて、身体を許してしまわないこと。

女性からの告白は、人間の本能や市場原理に反したことで、非常にリスクが高いことを知っておくことが大切なようです。

よく読まれている記事