どこで出会える?20代男子に聞いた、休日の過ごし方はこんな感じ

6a7641e44fc70a4848492c2ca8897850_m

彼氏を作ろうと思って、スポーツや習い事を始めてみたけれど、そもそも同世代男子の出現率が低い……という20代女子の悩みをよく聞きます。

アクティブな女性が増える一方、内向きな草食男子たちはますます恋愛市場から遠ざかっているようです。いったいどうすれば、彼らと自然に出会うことができるのでしょうか。今回は20代男子のオフの過ごし方を調査してみました。

20代男子の6割「休日は一人で過ごす」

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が、20代のビジネスパーソンを対象に実施した調査では、オフに過ごす場所と相手をもとに、オフの過ごし方タイプを次の4つに分類。

・「リア充タイプ(自宅外で誰かと過ごす)」
・「おひとりさまタイプ(自宅外で一人で過ごすことが多い)」
・「アットホームタイプ(自宅で誰かと過ごすことが多い)」
・「巣ごもりタイプ(オフは自宅で一人で過ごす)」

20代男性では、「巣ごもりタイプ」が最も多く45.4%。次いで「リア充タイプ(20.4%)」、「アットホームタイプ(19.4%)」、「おひとりさまタイプ(14.8%)」の順となりました。

自宅内外を問わず、休日は一人で過ごすという人が6割を超えています。また、BBQや花火大会など、いわゆる男女の出会いの場へ足を運んでいる人は、2割程度にとどまっていることからも、恋愛対する意欲の低さが読み取れる結果となりました。

巣ごもり男子はお家で何をしてるの?

今回のアンケートで最も多かった「巣ごもりタイプ」の男性は、自宅で何をして過ごしているのでしょうか。

同調査によれば、1位は「インターネット閲覧(84.2%)」。次いで2位「動画共有サイト視聴(55.2%)」、3位「睡眠(46.6%)」4位「録画番組の消化(46.4%)」、5位「ゲーム(45.7%)」などが上位にランクインしました。

その一方で、オフの過ごし方について「インターネットから離れて過ごす時間は有意義である」と回答した男性は72.6%。ネットサーフィンやゲームをしながら家の中でゴロゴロと過ごす休日はもったいないと思いながらも、抜け出せずにいる様子が浮かび上がる結果となりました。

出不精な彼を外に連れ出す方法

気になる彼はいるけれど、「休日は趣味で忙しいから……」なんて言われたらなかなかデートにも誘えないものですよね。そこでここでは、出不精な彼と付き合ったことのある20代女子たちに、外へ連れ出すためのコツを聞いてみました。

「とにかく外へ行きたい」はNG!

▽「浴衣を一緒に選んでほしいから浅草行こうとか、デートに誘うときはなるべく明確な目的を伝えるようにしています」(25歳/OL)

男性は街をブラブラ歩いたり、ウィンドウショッピングをしたり、これといった目的がないまま外出をするのが苦手な生き物。「とにかくどこかにつれてって!」と気持ちをぶつけても、「外は混んでるし、お金もかかるし。そんなにでかけたいなら一人で行って来れば?」となってしまうのです。デートに誘うときは、具体的な場所と目的を添えるようにしましょう。

彼の興味のありそうな場所を提案

▽「彼の好物(カレー)を食べに行くという理由をつけて誘ってみるとすんなりOKをもらえました。帰りにショッピングにも付き合ってもらえて満足」(21歳/大学生)

趣味に没頭するタイプの男性なら、彼の好きなものを下調べしてからデートに誘うと勝率があがるはず。彼が野球好きならスポーツ観戦に誘ってもいいでしょうし、焼き肉が好きなら「穴場のお店をみつけたの」と彼の好物で釣ってもいいでしょう。相手にとってのメリットをにおわせるのがポイントのようです。

イマドキの20代男子は、巣ごもりタイプが多めです。出会いやデートのきっかけ作りは、女性から積極的にお膳立てをしてあげるぐらいでないと、なかなか関係は進展しないかも。

最初はいまいち反応が薄くても、めげずにアプローチをしていきましょうね。

よく読まれている記事