男性のアプローチを遠ざける「アイロン女子」を卒業するには?

59f53c487414fa0ac39a5f97e7b85490_m

自由恋愛が当たり前の時代。20代女子の間では、次々と男をとっかえひっかえして、恋愛経験を積み重ねる人がいる一方、社会人になっても「彼氏いない歴=年齢」を卒業できない奥手女子もいます。

恋愛に初心な女性たちは、警戒心が強く、男性からデートのお誘いがあっても「どうせカラダ目的なんでしょ」と自らチャンスを遠ざけてしまう傾向も。男性に一切の隙を見せず、鉄のようにガードが固い女性のことを「アイロン(=鉄)女子」と呼びます。

ここでは、アイロン女子がやってしまいがちなNG言動と改善策をご紹介します。

恋愛ルールに縛られすぎている

▽「男女何人かで飲み会をしたときに、『デートは10回以上しないと付き合わない』と断言している子がいて、めんどくさそうだなと思った」(22歳/大学生)

「エッチは結婚するまでしない」「デートは男性から誘うべき」など、恋愛や男性に対して固定概念に縛られすぎていませんか。

恋愛観は人それぞれ。自分の考え方を一方的に押し付けていては、男女の関係はなかなかうまくいきません。傷つかないための予防線はほどほどにしましょう。

表情が暗い

▽「表情が暗い女性は、性格も後ろ向きなのかなと思ってしまう。たとえ美人でも声をかけにくい」(21歳/大学生)

結婚や真剣なお付き合いは中身が重視されても、第一印象はやっぱり見た目が一番です。表情やしぐさは努力次第でいくらでも変えられる部分。

性別を問わず人と目があったら、にこっと笑いかける習慣を身につけましょう。自然と周りの反応も変わってくるはず。

興味のない話を聞くのが苦手

▽「仕事の話とか興味のないことにも笑顔で聞ける女性は魅力的」(24歳/IT)

男性は自分の話に「うん、うん」と耳を傾けてくれる女性が好きです。話下手でも、聞き上手になることはできますよね。

手っ取り早く会話術を磨きたいなら、相槌のバリエーションを豊富にするのがおすすめ。単純に相手の最後の言葉を繰り返すだけでもいいですが、たまに質問を挟むと内容が膨らんで会話が盛り上がります。

男:「昨日、遅くまで仕事してて疲れちゃっただよ」
女:「へぇ、お疲れ気味なんですね。最近、お仕事お忙しいんですか?」

これで自然と会話にテンポがうまれ、話しやすい雰囲気を作ることができます。

ボディタッチに敏感

▽「デート中に自分が車道側に回ろうと、『こっちを歩いて』と女の子の肩に手を触れたらすごい警戒されて傷ついた」(23歳/大学院生)

接近戦に警戒しすぎると、男性は怖気づいてしまうもの。好意を抱いている男性からのボディタッチは、素直に受け入れてOK。

男性は絶対に手に入れられない女性にはアプローチをしようとしません。つまり好きな人に告白させたいなら、思わせぶりな態度で「脈ありサイン」を積極的に発信することが大切。上手に男性の期待感を高めることができれば、恋の勝率もあがるはず。

下ネタにドン引き

▽「幼馴染の集まりで会話の流れから軽い性癖の話をしたら、ひとりの女の子に軽蔑の目でみられた。もう中学生じゃないのに」(25歳/営業)

男性が下ネタを話すときは「あわよくばこの子とエッチできたら……」という下心が隠れている場合が多いです。

もちろん、過激な下ネタにノリノリで対応する必要はありませんが、笑顔で受け流すぐらいの耐性は身につけておきたいところ。それによって、意中の彼に「狩猟本能」をくすぐることができるのです。

以上、アイロン女子の5つのNG言動をご紹介しました。こうしてみてみると、どれもちょっとした心がけで改善できそうなものばかりですよね。

男性が入り込む“隙”を上手につくって、誘われやすい女を目指していきましょう!

よく読まれている記事