恋愛しない理由はさまざま…草食系男子のタイプ別アプローチ方法

27ad9895f3bdf389ecae465b3b165e3f_m

すっかり定着した「草食系男子」という言葉。仕事や恋愛にガツガツとした欲がなく、下心をむき出しにすることもないので、女性からすれば安心して付き合えるタイプですよね。

しかしその一方で、「気になる彼と深い仲になりたい」と淡い下心を抱く女子たちの間では、「全然いいムードにならない!」「鈍感すぎ!」と草食系男子の釣れない態度にクレームがあがる始末。

若い男子の恋愛離れが進んでいるというのは周知の事実でも、その彼らが恋愛に積極的になれない理由はさまざま。そこで今回は、草食系男子のタイプ別にアプローチ方法をまとめてみました。

自分に自信がないタイプ

恋愛経験が浅かったり、過去にひどい失敗をしてトラウマになっていたりするのがこのタイプ。自分に自信がないため、女性からのアプローチにも臆病。好きな人ができても、ふられて傷つくのが怖くて、何も行動できずに終わることがあります。

そんな臆病な草食系男子へのアプローチは、相手を肯定してあげるのがポイント。女性からのほめ言葉は、彼らの自信に変わっていきます。「実は、陰で努力するタイプだよね」など、ほかの人が気付かないような彼の魅力を言葉で伝えましょう。

また、彼らは女性をリードするのが苦手なので、デートのプランを丸投げするなど、はじめからあまり多くを求めすぎないように注意。「ここのお店、今度一緒に行ってみたいんだ」など、さりげなくフォローしてあげられる女性が理想です。

恋愛欲求が低いタイプ

趣味や仕事など、恋愛以外に熱中することがあり、異性への関心が低いのがこのタイプ。「恋愛ってめんどくさい」というのが口癖。よく臆病な草食系男子と混同してしまいがちですが、彼らは恋愛の優先順位が低いだけで、その気になれば自分で動くことができる「主体性」があります。

恋愛欲求が低い草食系男子へのアプローチは、彼らが熱心に取り組んでいることに理解を示し、協力してあげるのがポイント。間違っても仕事や趣味一筋で生活する彼に、「仕事(または趣味)と私、どっちが大事なの?」などと聞いてはいけません。

また、彼らは「恋愛=時間のムダ」と考える傾向が強いので、恋愛オーラ全開で近づくと警戒されます。女友達のひとりとして、長期戦で勝負したほうがよさそうです。

育ちがよく、欲がないタイプ

何事にもガツガツせず、育ちの良さを感じさせるのがこのタイプ。別名、おっとり坊ちゃんと呼ばれています。普段は温厚でマイペースですが、いざというときに「男らしい一面」を見せてくれることも。真面目で一途なので浮気の心配もなし。さらに、争いごとを嫌い、安定した心の持ち主なので、一度付き合うと穏やかな関係が長続きしやすいタイプです。

おっとり坊ちゃんへのアプローチは、一歩引いた控えめな女性を目指すこと。最近は、自分から異性にアプローチすることをいとわない、肉食系女子が増えていますが、おっとり坊ちゃんはそんなガツガツした女性が苦手です。前のめりに好意を伝えると、プレッシャーを感じて逃げ腰になる可能性大。

まずはグループ交際からスタートして、人前で「●●くんってホントに話が上手だよね」「いつも頑張ってるね!」とほめてあげると、自尊心が満たされるはず。

男としての自信を高めるのがカギ

草食系といえど、彼らだって立派な「男子」です。「頼りないんだから~」「しっかりしてよ!」など、彼らのプライドを傷つけるような言動は絶対にNG。

ささいなことでも「男らしさ」を積極的にほめることで、男としての自信が高まり、あなたを異性として意識し始めるかもしれません。焦らず、長期戦で挑みましょうね。

よく読まれている記事