自信がないナルシストに騙されないで!ファッションでわかる男の心理

471e1861601d1951ebe54abb15669f87_m

恋は盲目といわれるように、一度誰かを好きになってしまうと、相手のことが冷静に見られなくなるもの。周りから見れば、「どうしてあんなダメンズと?!」という人でも、運命の相手と思い込んで、時間と労力をムダにかけてしまうことってありますよね。

恋愛市場で最も価値のある20代を、棒に振らないためにも、男を見る目はきちんと養っておきたいところ。そこで今回は、彼のファッションから読み取れる隠れた心理について解説していきます。

流行の服が好きな人

ファッションだけでなく、ニュースやゴシップネタに詳しく、「流行を追わないと置いていかれる」という感覚を持っている男性っていますよね。特に洋服などは、マスコミなどが大きく取り上げて、その業界の人が儲かるように仕組まれたもの。

それなのに、情報に流されて、シーズンごとに洋服の系統が変わるような男性は、「周りと同じでいたい」「取り残されたくない」という気持ちが強いタイプ。協調性がある一方で、流されやすい一面もあるのだそう。

強いこだわりや個性を持とうとしないのは、自信のなさの表れといえるでしょう。「長いものには巻かれろ」精神の持ち主で、自己主張が苦手だと、いざ結婚となっても、両親や親戚の意見に振り回されやすいタイプかもしれませんね。

派手な服・ブランドものが好きな人

腕時計やバッグなどの小物だけでなく、全身をブランド品でコーディネートする人って、女性だけでなく、男性にもたまにいますよね。大抵そういう人は聞いてもいないのに、「●●ちゃんって好きなブランドどこ?」という話題を振ってきて、自分が身につけているものを自慢しようとします。

一見ただの見栄っ張りにみえますが、このタイプの男性は、実は自信がなく、他人と接することに不安を感じています。衣服は鎧のようなもの。ブランドものばかり身につけるのは、「より強力な鎧をまといたい」という気持ちの表れなのだそう。

髪型をよく変える人

月に1回以上美容院に通い、パーマをかけたと思ったら、突然スキンヘッドにしたり……。髪型をよく変える男性は、自分を変えたいという気持ちが強いタイプ。ひょっとしたらひそかに自分自身への苛立ちを抱えて、苦しんでいるのかも。また、他人の目を気にするタイプが多く、注目を浴びたいという傾向も。

アラサーを過ぎても、頻繁に髪型を変えている男性は、自分のスキルや将来に不安を感じている証拠。たとえ年上でも付き合う相手としては、包容力に欠けるかもしれません。

帽子が好きな人

帽子は本来、登山やハイキングで日よけとしてかぶるアイテム。しかし普段からおしゃれアイテムとして帽子を愛用している男性は、自意識が強く、個性を大切にしているタイプ。自分をよく見せたいという願望があるのだそう。

少しぐらいのナルシストなら許せますが、カフェやレストランに入っても帽子を被ったままの男性には要注意。自意識過剰で中身のない男である可能性大。

アクセサリーが好きな人

アクセサリーが好きな人は、2つのタイプに分かれるのだそう。

まずじゃらじゃらと多くのアクセサリーを身につける人は、自信がなく、見栄を張りたい気持ちを持っているタイプ。一方、数は少なくとも、アクセサリーにこだわりがある人は、保守的で頑固なタイプ。

総じて言えるのは、おしゃれにこだわりが強いということは、自分に自信がないナルシストが多いということですね。洋服にはこだわりがなく、少しダサいぐらいの男性のほうが付き合ってから女性を幸せにしてくれるかも。

参考:ゆうきゆう「『なるほど!』とわかる マンガはじめての恋愛心理学」西東社

よく読まれている記事