どこまでなら許せる?「ケチ男と節約家のボーダーライン」を検証!

10588bd41ecd3dc0af6b48a2c6530bf1_s

安定志向で倹約家が多いと言われる今の若者世代。デートや飲み会も割り勘が普通。見栄を張るよりは、自分たちの身の丈にあった範囲で、賢くお得に楽しみたいという価値観の持ち主です。

とはいえ、男性の懐事情をよく理解しているゆとり女子でも、「これはちょっとやりすぎでしょ!」と思うケチ男と遭遇することがあるそう。あまり節約しすぎるあまり、楽しいはずのデートがギスギスした雰囲気になってしまうのは考え物。

ここでは、20代女子たちに、「これは許せない」と思った彼氏のケチエピソードを聞いてみました。女子の本音から見えてくる、節約のボーダーラインとは……?

おうちデートで家政婦扱いされる

▽「元カレは『お金がない』が口癖で、デートはいつもお家ばかり。しかも彼はベッドでゴロゴロしているだけで、私は料理や掃除をするのが定番でした。デート代を節約するのはいいけど、一緒に楽しもうとする努力がないのは許せない」(22歳/大学生)

人目を気にせずにまったり過ごせて、デート代もかからないおうちデートは、ゆとりカップルの定番コースですよね。とはいえ、お金がないことを理由に、デートがマンネリしたり、彼女を家政婦扱いしたりする男性には、「私っていったい何なの?」と不満が募るもの。

2人で楽しもうという気持ちが感じられず、相手への気遣いやサービス精神に欠ける男性は、本当は楽しいはずのおうちデートでも「こいつ、ただのケチなんじゃ……?」と疑われてしまうようです。

ムードガタ落ち!初めてのお泊りがマンガ喫茶

▽「お互いに実家暮らしなので、デートはいつも外でした。たまには二人きりになれる空間が欲しいなと思い、帰り際に『今日どこかに泊まって行かない?』と誘うと、元カレに連れていかれたのはなんとマンガ喫茶。しかもブースに入るといきなり盛りついてきてドン引き」(20歳/大学生)

初めてのお泊りかどうかは関係なし……!彼女をマンガ喫茶に連れ込んで、いたしてしまおうという魂胆を持った男性は、ロクな人間ではありません。

のぞき見される可能性もあるし、周りのお客さんに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。せめて「今月、金欠だからホテル代を少し出してもらってもいい?」と正直に打ち明けてもらったほうがまだマシです。

誕生日デートなのに割り勘

▽「誕生日デートの最後に、夜景がきれいに見えるカフェでまったりしていると、隣で元カレがデート代の精算をはじめました。舞台のチケット代、レストラン、カフェの飲み物代まできっちり割り勘。当時は言われたとおりに払っていましたが、後々考えるとケチな男だったなと思います」(25歳/歯科衛生士)

普段のデートならまだしも、誕生日や記念日でもぴったり割り勘にされると、ちょっと悲しくなりますよね。デートプランを考えてくれたのは感謝ですが、特別な日ぐらい少し頑張って、男気を見せてほしいところ。

ホテルのアメニティを1つ残さず持ち帰る

▽「彼と旅行に行った時、アメニティを一つ残さずバッグの中にしまっていて。そこまでならまだ許せたけど、備え付けのシャンプーやトイレットペーパーまで持ち帰ろうとしていました。さすがにやりすぎでしょ、と止めましたが……」(26歳/販売)

無料という言葉にすぐに飛びつき、常識の範囲を超えて、サービスを受けようとする人は、男女問わず、ケチの烙印を押されてしまうもの。マナー違反をしないように注意が必要です。

お金をかけずにデートを楽しむという発想は許されても、あまりケチケチしすぎると、ムードが壊れてしまうもの。お付き合いに悪影響が出ない範囲で、かしこく節約デートを楽しみたいですね。

よく読まれている記事