生理的にムリ!「ビール腹男子」と交際して嫌だったこと・4つ

c8229527b474220f57969062c1b85eb6_s

アメリカで若い女性を中心に人気を集めている「ぷるぷるビール腹男子」。激モテの理由は、「安心感がある」「抱きしめると気持ちいい」「食べっぷりがいい」などの魅力にあるのだとか。

はたしてこのブームが日本で起こる日はやってくるのでしょうか。今回は、ビール腹男子との交際経験がある女性陣にアンケートを実施。実際に付き合ってみて見えてきた嫌だった点について尋ねてみました。

汗っかきで暑苦しい

▽「冬は暖かくていいけど、夏場は最悪!体感温度が違いすぎて、エアコンの設定温度でケンカになることもしばしば……。ニオイもきつくて近くにいるだけでイライラすることがあった」(27歳/出版)

夏は1年の中でもカップルのケンカが一番多くなる季節。その原因はずばり、「暑さ」にあるのだそう。

脂肪をたっぷり蓄えたビール腹男子は、暑がりで汗っかき。じりじりと焼け付く太陽の下、「ゼーゼー」と息を荒めながら、汗を拭う姿をみていると、いくら愛情があっても暑さとイライラが倍増してしまいそうですね。

自分も太ってしまった

▽「グルメな彼と一緒にいたら1年で8キロも体重が増えてしまった」(26歳/販売)

ビール腹男子と付き合うと、自分のスタイルを維持しなければいけないという呪縛から解放されるため、自然とダイエットへの関心が低くなる人が多いようです。しかし油断は禁物。彼のペースにあわせて好きなものを食べていたら、ふたりそろってデブ路線まっしぐら……になりかねません。

太りすぎは健康にもよくありませんし、周りから「自己管理ができないだらしない人」と思われることも。当然ながら、恋愛でもモテにくくなります。安心感が裏目に出ないように要注意!

意外に体力がない

▽「外を歩いていると、体が重いせいかすぐ息切れしてました。『疲れた』『ちょっと腰が痛いから荷物もって』と言われることが多くてがっかり」(23歳/大学院生)

体格のいい男性と付き合うと、「重いものを持ってくれそう」と力強さや体力を期待する人も多いはず。しかしその期待に答えられるのは、日頃から筋トレに励んでいるがっちり系デブだけ。

ビールを浴びるほど飲んで暮らしている、ビール腹男子にあるのは脂肪の塊だけで、筋力は期待できません。それどころか自分の体重を支えることすら危うい男性もいて、ちょっと遠出をすると「膝が痛い」「腰が痛い」とわめくのだとか。がっちり系とただのデブの見極めは慎重にしましょう。

夜の営みに満足できない……

▽「ラブタイムが微妙なこと。上に乗られると重いし、腰を振っていてもお腹がたぷたぷと当たって。すぐ疲れたというから、いつもコチラが上に乗ってばかりでした」(25歳/営業)

ハグするだけなら温かくて気持ちのいい体型も、ベッドの上では「ムードに欠ける」「体位が限られてしまう」など、不満を漏らす女性が多いようです。性的に満足できないと、彼に対して上から目線になったり、「うっかり筋肉ムキムキのイケメンと浮気をしてしまった」というエピソードも。

好きになった人がぽっちゃりだった……ということはあっても、ぽっちゃりだから好きになるというケースはあまり聞かないですよね。海外に比べると細身の人が多い日本では、ビール腹男子が受け入れられる日はまだまだ先のようです。

よく読まれている記事