「妹みたい」は褒めてない!?男性の言動に隠れた脈無しサイン・3つ

64d18ee42e0a4c4909fcb30c4584b66f_s

想いを寄せる男性からの言葉って、一言一言に一喜一憂してしまうものです。そんなとき、片思いしている彼から、「○○ちゃんって、妹みたいだよね!」と言われたら、どんな気持ちになるでしょうか。「家族に思えるほど親密ってことかな!?」とちょっと嬉しくなる人も多いでしょう。

しかし、これは恋人という関係になりたいなら、喜ぶべき言葉ではないのです!こんな風に、男性の言葉や行動の端々には、「女として興味を持っていない」という脈無しサインが往々にして隠れていることがあります。

今回はそんな男性たちの「脈無しサイン」をビビッと鋭く判断する方法、そして前向きな関係につなげるためにはどうしたらいいかというポイントをご紹介します!

「妹みたい」=恋愛対象ではない

▽「憧れの上司に『妹みたいだ』って言われて嬉しかった。でも、いざ告白したら『そういう意味ではスキになれない』と言われ大ショック」(25歳・事務)

よく勘違いをしてしまいやすい言葉が、「妹みたい」という男性の言葉です。一見、家族のように親密で、仲が良く信頼されている、ということにも思えますが、言ってしまえば家族のようで「恋人として見れない」という意味なのです。

こんな時、男性はきっとあなたのことを可愛くて扱いやすく、従順な「妹」だと思っていることでしょう。このままの位置でも悪くはないですが、恋人にはなれません。

恋人になりたいのなら、たまには度肝を抜くようにセクシーな服装や言動をしたり、少し拗ねてみせたりするといいでしょう。「扱いやすくカワイイ」だけの地位を抜け出し、「こいつ、こんな一面もあったのか」とドキドキさせられればこっちのものです!

LINEのスタンプを多用する=早く会話を終わらせたい

▽「好意を持ってくれているが、付き合う気のない女の子からのLINEは、とにかくスタンプを使って会話をサラッと終わらせる。文章を返すとまた返信されてしまうから」(29歳・金融)

憧れの人となんとなく続いていたLINEが、スタンプ1つで終わってしまうと寂しいものですが、男性の本音としてはやはり「脈無し」ということのようです。

この場合、そもそも相手の男性はあなたとポチポチLINEしたいとは思っていないのが現実。そこで、一旦LINEではなく、実生活での距離を縮めることに専念してみましょう。

気軽にランチや飲みに誘ってみたり、遊びに誘うなどし、あくまでも「仲のいい友達」としての距離を縮め、親密になってから改めてLINEでじっくりと関係を煮詰めていくのがオススメです。

キツめの下ネタを振ってくる=もはや女扱いされていない

▽「同期のかわいい子には言わないようなドギツイ下ネタを、男性みんな私には言ってくる。女扱いされていないのが良く分かる」(22歳・学生)

下ネタは男性達の鉄板話題。もちろん、女性にも時々振ってくることはあります。

しかし、その下ネタのレベルがあまりにもキツいものなのにも関わらず、女性のあなたに振ってくるという場合は、「脈無し」どころか、その男性からは「女の子」だと思われていないかもしれません!女の子として意識していたら、男性達は引かれたり変態扱いをされる事を恐れ、キツい下ネタは振ってこないものです。

こんな扱いを受けている場合の一つの解決策としては、振られた下ネタを分からないフリをしつつ、ちょっと楽しそうな顔をして「それ、どんなプレイなの〜?」なんて説明を迫ってみましょう。

分からないという時点で「そうか、こいつは女だもんな……」ということを再認識させつつ、キツい下ネタを自分の言葉で説明しなくてはならない恥ずかしさ……そしてなによりも、いつもガサツで女として見ていなかった子が、こんな小悪魔っぽい受け答えをすることに対してドキドキしてしまうことでしょう。

勝負はここから!

男性の言動に隠れた脈無しサイン、気づいてしまうとちょっと悲しいものですよね。しかし、脈無しサインを見逃して無駄に浮かれているよりは断然マシ。

むしろ、脈無しとわかってから、意識的に態度を変えたり、女として見てほしい!というアピールをしっかりしたほうが、恋愛がうまくいくかもしれませんよ!

よく読まれている記事