可愛くてもダメらしい?草食男子が「口説きたくなる女」の共通点3つ

1ec23cf45d0daa7512027b368900307c_s

「私に彼氏ができないのは、周りの男子たちが草食過ぎるせい……」と思い込んでいませんか。

恋愛に対する欲求が低い男性が増えているとはいえ、デートのお誘いが絶えない女子も大勢います。「男が悪い!」と責める前に、まずは自分に口説かれない原因がないかを探ってみましょう。

ここでは、20代男性たちに「口説きたくなる女性の特徴」について聞いてみました。

男は分かりやすい「女らしさ」に弱い

▽「ベタですけど、やっぱり男は、ワンピースとかスカートとか、清楚な装いの子に目がいくと思う」(29歳/IT)
▽「仕草や言葉遣いが丁寧な子にはグッとくる。逆に、食べ方が汚い女性はどんなに美人でも口説きません」(26歳/金融)

口説かれるための第一歩は、男性目線のおしゃれを意識すること。いくら草食男子とはいえ、わかりやすい女性らしいファッションにはドキっとしてしまうのがオトコの性。

デートの時は、パンツスタイルよりスカートを履きましょう。レギンスやトレンカは、男受けが悪いので避けること。また、作りこみすぎたメイクもNGです。

「オマエ」「マジで」「死ね」など、汚い言葉にも要注意。気を抜いた隙にうっかり「オス系女子」の一面が露呈してしまわないように、日頃から仕草や言葉遣いにも気を配ったほうがよさそうですね。

近寄りやすいオーラを出す

▽「どんな話でも笑顔で『うん、うん』と聞いてくれる女性」(25歳/公務員)
▽「普段からリアクションが薄い子は、デートに誘っても断られそうなのでアプローチしない」(26歳/証券)

草食男子は傷つきやすい心の持ち主。第一印象で「塩対応」だと、二度と恋愛対象には見られなくなります。疲れたときやつまらないときに感情が表に出てしまいがちな人は、眉と口角を上に持ち上げるようにして、ナチュラルな笑顔を心掛けましょう。

また、リアクションが薄い女性は、「自分の話がつまらないのかな」と男性を不安にさせてしまいます。「キャー!」「すごーい!」と大げさに騒ぐ必要はありませんが、相槌と笑顔を忘れずにリアクション上手を目指しましょう。

むやみに「男の影」をちらつかせない

▽「合コンで気になった女の子のFacebookをのぞいたら、チャラそうな飲み会の写真をたくさんアップしていて引いた」(27歳/薬剤師)
▽「『オトコはこういう生き物だから~』と語る人は苦手です。恋愛経験が豊富そうで近寄りがたい」(24歳/大学院生)

ネットを駆使している20代男子たちは、女の子に出会うとすぐにFacebookやTwitterでその子の素性を調べようとします。第一印象で「かわいい」と思われたとしても、SNSがチャラそうだったり、ネガティブな投稿ばかりだったりすると、それだけで恋愛対象外にされてしまうことも。

また、プライドと競争率の高い女は、草食男子の狩猟本能を低下させてしまうので要注意。恋愛スペシャリストになったつもりで、上から目線のアドバイスをしたり、過去の恋愛エピソードを赤裸々に話したりするのも避けたほうがいいでしょう。

以上、草食男子に口説かれやすい女性の特徴をまとめてみました。「私がモテないのは男のせい」と責任転嫁していては、恋愛おブスになるだけ。意地や見栄を張らずに、賢く恋愛をしていけるといいですね。

よく読まれている記事