今すぐやめて!コスパ男子が嫌う「カネのかかりそうな女の言動」4つ

cc724eb29ac407cbb3f0938401f722ca_s

「結婚や恋愛はコスパが悪い」という理由で、恋人を作らない男性が増えているそうです。そんなコスパ男子はデート中でも常に「女性のコスパ意識」に目を光らせ、少しでも「お金がかかりそう」な一面がみえると、「長期的な付き合いはないな」と見切ってしまうのだとか。

せっかくいい男性と出会えても、コスパが悪いことを理由に恋人候補から外されてしまうのはもったいないですよね。そこで今回は、コスパ男子が嫌う「お金のかかりそうな女性の言動」をまとめてみました。

ブランドものを身につけている

▽「アクセサリーやバッグなど、会うたびに違うブランドものを身につけている女性。付き合ったらいろいろ買わされるんだろうなと警戒してしまう」(27歳/教育関係)

彼のためにおしゃれをして出かけたつもりでも、さりげなくブランド品を身につけていたりすると、コスパ男子に警戒される可能性大!高級志向の女性にはどうしても声をかけづらいもの。

初対面で好印象を持ってもらうなら、おしゃれはほどほどに。ファストファッションやペタンコ靴など、「シンプルで着飾らない女性」を意識したほうがよさそうです。

いつもおしゃれなネイルをしている

▽「エステやネイルサロンなど自分磨きを怠らない人。凝ったデザインのネイルをしている女性を見かけると、無駄なものに金を使ってるなとしか思えません」(25歳/広告)

ネイルアートと一言でいっても、100均のマニキュアを自分で塗ったり、安いサロンに通ったりして、賢くやりくりしている女性も多いはず。しかしそのあたりの金銭事情は、男性たちには理解できません。

彼らにとって「指先までおしゃれに余念のない女=金がかかりそう」という方程式が成り立ってしまうのだとか。特に派手なネイルは、「家事ができなさそう」「自己満足でセンスなし」と不評のようなので、デートのときは避けたほうがいいかも。

「仕事やめたい」が口癖

▽「仕事のグチばっかり聞かされるのはちょっと……。寿退社を狙っていそうで怖い」(24歳/人材)

今は夫婦共働きが当たり前の時代です。サラリーマンの平均年収はどんどん下がる一方なので、専業主婦願望の強い女性は、男性にプレッシャーを与えてしまいます。

仕事の不満は女友達に話しましょう。彼の前では、明確なキャリアプランを話すなどして、仕事への意欲をアピールしましょう。

料理が苦手

▽「料理ができない女性とは結婚したくないですね。外食はお金がかかるし、健康にも悪いから」(26歳/メーカー)

男性は付き合い始めて何度かお泊りデートをすると、「そろそろ手料理作ってくれないかな」と思うもの。そんなときに「おなかすいたね、外で食べよっか!」と外食ばかり提案する女性は、お嫁さん候補としてかなりポイントダウンしてしまいます。

実家暮らしをしていて料理に自信のない女性は、今のうちからいくつかレパートリーを増やしておくと◎。

以上、コスパ男子が敬遠する「お金のかかりそうな女性の言動」をご紹介しました。「ふたりで暮らしたほうが経済的にも精神的にも豊かになれる」と思わせて、優良物件を狙い撃ちしちゃいましょう。

よく読まれている記事