まさかの急接近?!悩み相談をするときに使える「モテフレーズ」4つ

おもわず男性がドキっとする、相談中のモテフレーズ

恋愛相談をしてきた相手を好きになってしまうのは、よくある話。学校のこと、仕事のこと、恋人のことなど、内容は何であれ、不安げな表情を浮かべる女性の姿に「守ってあげたい」と保護本能をくすぐられる男性は多いようです。

もし片思い中の彼ともう一歩深い仲になりたい……と思ったら、悩みを打ち明けて親密度をアップさせましょう。ここでは、筆者の周りのモテ子を参考に、悩み相談のときに使いたい、男性をドキっとさせるモテフレーズをご紹介します。

仕事の相談があるんだけど……

▽「あらかじめ話の内容を伝えておくことで、男性も『しっかり聞こう』という気持ちで来てくれるから」(25歳/メーカー)

男性は「結論」を求める生き物。そのため女子同士の会話のように、ダラダラと愚痴をこぼして共感し合うような打ち明け方では、男性は「結局、何が言いたいの?」と混乱してしまいます。

最初に「仕事のことで相談したいんだけどいい?」と内容をはっきりさせることで、集中して聞いてもらうことができるでしょう。

●●君にしか相談できなくて……

▽「うつむきながら小さくため息をついて『誰にも相談できなくて』というのがポイント。鉄板だけど、どんなフレーズより効果がある」(26歳/販売)

「あなたにしか話せない」と言われると、男性は信頼されていると感じ、相手の女性に心を開きやすいようです。少々あざとい感じもしますが、本心から出た言葉であれば彼の胸にも刺さるはず。

AとBでは、どちらがいいと思う?

▽「相談ごとをして漠然と『どう思う?』と聞くと、相手も回答に困ってしまうので、『AとBで迷ってるの……』など選択肢を用意するようにしています。すでに答えが出ていることも多いけど、そこは内緒!」(23歳/アパレル)

とくに相談したいことがないときや、まだ悩みを打ち明ける間柄でない段階で使えるのがこのフレーズ。買い物やレストランのメニュー選びで迷ったときなどにも便利。あらかじめ選択肢を与えることで、男性もアドバイスをしやすくなります。

●●君に相談して本当によかった!

▽「やっぱり最後はお礼が大事。笑顔を添えて『ありがとう!』と伝えれば、話を聞いてあげてよかったと思ってもらえる」(22歳/大学生)

どんなに些細なことでも話を聞いてもらったら感謝の気持ちを伝えるのが礼儀。「すごく参考になった」「気持ちが楽になった!」など、男性のアドバイスが役に立ったことを伝えて。

間違っても、「いや~それ全然違うから」「うまくいくわけないじゃん」など、男性の意見を否定するようなリアクションは避けましょう。

モテ子が使うフレーズを分析してみると、相談ごとを理由に男性の心に入り込み、相手を勘違いさせるような言い回しを使っていることが分かりますね。ぜひ積極的に口にして、気になる彼との距離をぐっと縮めてしまいましょう!

よく読まれている記事