女子の処世術「おあずけ」を利用したモテテク

男性の心を虜にする「おあずけテク」とは…

気になる彼との初デート。良い感じの雰囲気になってそのまま一夜を過ごしたら、それ以来彼からの連絡はぱったりなし……。私って遊ばれてたの……?という失敗談はよく聞く話。

とくに最近は、ワンナイトラブにも寛容な女性が増えていますから、酔った勢いで恋のチャンスを逃している人も多いのではないでしょうか。

一度や二度の失敗であれば、次から気を付ければいいですが、何度も同じことを繰り返していると、その恋愛パターンから抜け出せなくなってしまいます。なるべく早いうちにデートのやり方を見直して、好きな人と理想的な関係を築けるように努力してみましょう。

ここでは、恋する女子の処世術「おあずけ」を利用したモテテクをご紹介します。

男性の心理に訴えかけるモテテク「おあずけ」とは

おあずけとは、一線を守って相手に我慢させることによって、男性の興味を自分に惹きつける恋愛テクニック。心理学の世界では、カリギュラ効果と呼ばれていて、人には「禁止」と言われた事柄に対して、かえって興味が湧き、余計にやってみたくなる心理があるそうです。

たとえば、テレビ番組で「ピー」など効果音をつけて発言を聞こえなくしたり、モザイク処理をかけて映像の一部を見えなくしたりすることにより、視聴者の関心をより掻き立てるなどのことです。

恋愛における「おあずけ」とは、このカリギュラ効果を利用したもの。ただし「簡単に手に入らない女」を意識しすぎて、最初からガードの堅さが出てしまわないように注意しましょう。「おあずけ」はあくまでも男性の興味を引くことが目的。そのため、おあずけのタイミングも重要になってきます。

「期待+禁止」で男心をがっちりつかもう!

ここでは、恋愛経験が豊富な小悪魔女子たちに「実際に試して効果のあったおあずけテク」を聞いてみました。

▽「好きな人と飲みに行ったらあえて自分から『もう一軒行きませんか?』と誘って、その気があることをほのめかします。今夜はこのままお持ち帰りできるかな……と期待させて、帰り際はあっさりと切り上げると、かならず男性から次のお誘いが来る」(24歳/事務)

▽「ベタですが、さりげないボディタッチが効果的。たとえば、好きな人と違う飲み物を頼んで、『そっちもおいしそうだね。ひとくちちょうだい』と間接キスを迫ったり……。ボディタッチのハードルは下げつつ、最後まではさせません」(26歳/保育士)

相手に期待感を抱かせつつ、ぎりぎりのところで手に入らない女性を演じることができれば、大抵の男性はコロッと落ちてしまいそうですね。いつも良い感じのところまでいくのに恋が実らない……と悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください。

よく読まれている記事