もはや理解不能?付き合うとヤバい「理系彼氏の珍行動あるある」3つ

悪気はないけど、周りをイラっとさせる珍行動が満載

これからの時代、生き抜く力があるのは専門的なスキルを持った理系男子。今、若い女子たちの間で競争率がじわじわと上昇しています。しかし、実際に付き合ってみると、理解不能な言動・行動が目立つようです。今回は、その仰天エピソードをご紹介します。

デートは企画会議!?

▽「IT企業で企画・開発を行っている彼。デート中、話しているうちに、専門用語をバンバン出しながら、いつの間にか新しいサイト開発の企画会議になってしまいます。仕舞には『これ読むと良いから!』と、専門書を強引に貸されたり……まあ勉強になるから良いんですけどねえ」(20歳/大学生)

女性に比べ、男性は論理的・実用的な話を好むとはよく言われていますが、理系男子はその傾向が顕著に表れているようです。

デートだろうとその時間をムダにすることなく、今一番興味があることについて議論したいのでしょう。恋人らしく艶っぽい話をしたい……という願いは理系男子には通じないのかもしれません。

しかし、自分の知識を他人に教え、理解してもらうことも好む理系男子。彼女側からしても「勉強になる」「少し頭が良くなる」というメリットもあるようです。

物質名を言い当てる

▽「おうちデートで本を読んでいたら、『これ、●●●物質が発生してる!干さなきゃとれないよ!』と、本特有のニオイの物質名を言い当てられ、勝手に天日干しされたのは衝撃でしたね」(24歳/受付)

ニオイの物質名を言いあて、それに一番適している対処までしてくれるのもさすが理系。脳内では常に数式や化学式が浮かんでいるのでしょうか。

このように、理系ではない彼女からすれば、突飛で理解不能な行動も、もしかしたら彼の優しさかもしれません。「してやったぜ!」みたいな顔をされたら、とりあえず感謝しておくといいかも。

陣地からはみ出すのはNG

▽「よく一人暮らしの彼の家に行くので、衣装ケースの一段を私の荷物置き場にしてくれたんです。でも、ワンピースはシワになっちゃうのでハンガーでかけておいたんですよ。しかし次に遊びに行ったらそのワンピースは私の衣装ケースにきちんと折りたたまれて収納されていました。『ココからはみ出したらダメ』だそうです(笑)ちなみに生理ナプキンもそこに入れとけって言われました」(25歳/保育士)

理系にとって情報整理は命。それは普段の生活にも表れているので、キッチリしていて几帳面な性格の人が多いようです。

「そんなことまで線引きする!?」「ケチくさい!」と驚いてしまうかもしれませんが、彼女がウザいとか、排除しようというワケではありません。

ただの情報整理なので、それについて文句をいうと機嫌を悪くしてしまいます。適度に従っておいた方が吉でしょう。

自分の興味があることに関しては一直線で、研究熱心な理系男子。それゆえに理解不能だったり、イラッとしたりする行動を起こしがちです。彼らに悪気はないのですが。

その不思議クンっぷりを愛で、適当にあしらっておくのが、良い関係がキープできるコツなのかもしれませんね。

よく読まれている記事