意外な落とし穴も?ネット恋愛のメリット・デメリット

いまや常識?若者の間で広がる「ネット恋愛」とは

インターネットを媒介にして恋愛することを「ネット恋愛」といいます。

実際に会ったこともない相手にときめき、お付き合いをするなんて不思議な感じもしますよね。しかし昨今、SNSやネットゲームの普及によって、このネット恋愛が急速に広まっているそうです。

そこで今回は、20代の女性たちに「ネット恋愛のメリットとデメリット」について聞いてみました。

ネット恋愛のメリット「気軽」「コストが低い」「妄想できる」

職場や学校、サークル……。私たちの周りには、リアルの出会いがたくさん溢れているのに、なぜ若者はネット恋愛に惹かれるのでしょうか。まずは、そのメリットから見ていきましょう。

とにかく気軽に始められる

▽「以前、出会い系アプリをやっていたことがありますが、気になる人がいたらメッセージを送ったり、相手の写真にコメントを残したり、すべて画面上でコミュニケーションが完結するので気がラク」(27歳/販売)

お金がかからない

▽「合コンや飲み会で異性と出会おうとすると、洋服やメイク道具を買ったりして着飾らなきゃいけない。とにかくお金がかかるんです。その点、ネット恋愛はおしゃれをする必要なし。お金も時間もかけずに恋愛気分を味わえるのが魅力」(25歳/公務員)

夢や妄想が膨らむ

▽「プロフィール欄に共通の趣味を見つけると、『この人と気が合うかも』といろいろ考えるのが楽しい。妄想するだけならタダだし、ネット恋愛は娯楽のひとつ」(22歳/大学生)

リアルのお付き合いであれば、デートにかかるお金や約束の連絡をする手間、プランを考える時間など、それなりにコストがかかります。

一方で、ネット恋愛であれば、始まりも終わりも手軽。メールのやり取りそのものが「報酬」につながることが多いので、余計なコストがかかりません。深い付き合いをしなくて済むので、相手に対して夢を抱けるというメリットもあるようです。

ネット恋愛のデメリット「美化しすぎる」「心のつながりが希薄」

続いて、ネット恋愛のデメリットについても見ていきましょう。

相手を美化しすぎてしまう

▽「ネット恋愛は、見た目や経歴、年収など、条件だけで相手を判断してしまいがち。理想の相手をみつけると『この人は私の運命の人だ!』と期待しすぎてしまう分、実際に会って気持ちが冷めることも」(24歳/秘書)

心のつながりが実感できない

▽「都合が悪くなれば、スマホの電源を落とせばいいだけ。面とむかって感情をぶつけあうこともないので、なかなか深い関係にはなれないと思う」(21歳/大学生)

簡単に関係を解消できる

▽「SNS上でメッセージのやり取りをしていた男性に『実際に会おう』と誘われて断ったら、ブロックされてしまった。ネットのつながりとはいえ、相手に拒絶された感じがしてショックだった」(20歳/大学生)

ネット恋愛のデメリットは、相手を美化しすぎてしまったり、心のつながりが希薄になりやすい点にあるようです。また相手とうまくいかなければ、リセットボタンひとつで次の恋愛にいくことも可能。その手軽さが恋を育てにくい要因にもなっているのかもしれません。

はじまりがネットであれ、好きな人と信頼関係や絆を深めていく上では「リアルのつながり」が大切。コスパが悪いとはいえ、デートや飲み会で顔を合わせる時間も作っていけると良好な関係が築けそうですね。

よく読まれている記事