追われるよりも幸せになれる?「追う恋」を好むゆとり女子のホンネ

追う恋と追われる恋、どっちが幸せ?

「女性は追われる恋をした方がいい!」とよく言われますが、ゆとり世代の女子に関しては、その限りではないのかもしれません。

男性は草食化、女性は肉食化している時代ではありますが、その理由とは一体何なのでしょうか。リアルなエピソードを交えてご紹介します。

1.自分の気持ちを大切にできるから

▽「私の事をすごく好きでいてくれた元カレ。時間が経つにつれてあまり尽くしてくれなくなったのですが、とくに悲しいと思わなかったんです。愛情を取り戻そうと焦ることもなかった。そこで、彼自身ではなく、“私にここまで尽くしてくれる”という状況が好きだったということに気付きました」(大学院生/23歳)

まるで物語に出てくる主人公のごとく、ものすごく愛されるということは憧れてしまいますよね。承認欲求も満たされ、自信もつくことでしょう。

しかし、それゆえに彼が好きなのか、その状況が好きなのか、目くらまし状態になってしまうようです。

昔とは違い、今は女性がどんどん積極的になっている時代。「愛される」ことよりも、自分の「好き」という気持ちを大切にしたいのかもしれませんね。

2.相手が振り向いてくれた時に満たされるから

▽「これまでは相手から告白されたから何となく付き合っていたけれど、今の彼は自分からすっごく好きになった相手。連絡もマメじゃないし、結構厳しいけど、やっぱり彼と付き合えてるってだけで満たされます。10回に1回はすごーく甘い台詞を言ってくれる、ツンデレなところもたまらないです」(大学生/20歳)

男性から追われる恋だと、「付き合ってあげている」と、上から目線になってしまいがち。男性は基本的に「支配したい側」なので、その気持ちが透けて見えると、どんどん険悪な仲になってしまいます。

一方で、自分の方からもきちんと彼を好きならば「付き合っている」というだけで満たされるので、寛容になれます。恋愛を長続きさせるには、大切なことかもしれませんね。

とはいえ、バランスも大切?

▽「モテモテの彼に、私から告白して付き合っているから、ときどき自信がなくなっちゃうこともあります。でも、心のどこかでいつも『私ほどいい女はいない!もし別れたら困るのは彼の方』と言い聞かせて、たまにそっけない態度を取ったりします。そうじゃないとやってられないし(笑)」(24歳/受付)

ゆとり女子は「追う恋」が向いていると言っても、本能レベルで考えると、男性は女性を狩りたいハンター。

心の中では「大好きMAX」でも、「うかうかしてるとどこかに行っちゃうわよ!」という空気を醸し出すことが彼をつなぎとめておくコツでしょう。

理想的なのはお互いの「好きレベル」が釣り合っている状態。愛情を与えあって、大好きな彼と、素敵な恋を楽しんでくださいね。

よく読まれている記事