「絶食系男子」って一体ナニ!?ゆとりボーイに増えているワケ

突っ伏して寝る男性

草食系男子という言葉が浸透して久しいですが、まったく食いついてこない男性に対して「草ばっかり食いやがって!がっついてこいよ!」とイラついている女子も多いでしょう。ところが最近では、草すら食べようとしない「絶食系男子」がゆとり世代を中心に増えています。

彼らは自身の容姿や収入に問わず、女性に興味がなく(かといって同性に興味が向くわけでもなく)、チェリーボーイのまま年を重ねていきます。最近では読者モデルのこんどうようぢさんや、とまんさんらがその絶食ぶりをテレビで公言していますね。いったい何者なのでしょうか?

食べる気がまるでない!「絶食系男子」って?

絶食系男子は、恋愛経験がないどころか、そもそも女性に興味がない男性のことを言います。性欲が薄く、恋愛対象として女性と親しくなろうとしません。

絶食系男子は性欲(恋愛)だけでなく、睡眠欲や食欲も少ない傾向があり、全体的に見て生命力の弱さを感じるかもしれません。色白で女性以上に細いスタイルの持ち主であることも多いのです。

ゆとり世代に多い「絶食系男子」の特徴とは

がつがつ女性に食らいついていくバブル期はいずこ……。絶食系男子はゆとり世代に多いといわれますが、どういった特徴があるのでしょうか?

・自分が大好き
「なんだかんだで自分が一番好き。自分以上に好きな人が現われない」(24歳・広告)

音楽会では「世界に一つだけの花」、学級目標は「十人十色」、国語の教科書には金子みすずの「みんなちがってみんないい」の詩。学校教育においてナンバーワンよりもオンリーワンが大事といわれてきたゆとり男子は、他の世代と比べて「競う経験」が少ない傾向があります。

競争することがないというのは成功体験や悔しい体験がないのと同じです。経験のなさゆえに特別意識はもっていても自分に自信はありません。恋愛をして傷ついたり相手に興味を持ったりするよりも、自分が傷つかないことを重視するため、絶食系に至るのです。

・美容欲が強い
「絶対彼女いるでしょって言われるけど、恋愛経験ゼロ。別にしたいとも思わない」(22歳・学生)

容姿に恵まれていることも多い絶食系男子。性欲のかわりに「美容欲」が強く、自分が他人から見られることにいたっては興味津々です。そのため、スキンケアや日焼け止めはもちろん、毎日のケアとしてボディーローションを使っている男性もいます。美しさに対しての執着心が強く、パックをし、毛穴ケアを怠らないのも絶食系男子の特徴です。

・プライドが高い
「好きな子に告白したことがない。フラれるのがわかってるし」(25歳・食品)

絶食系男子は総じてプライドが高い傾向があります。これはフラれることにより、自分の人格を否定されたような気持に陥ることを避けるためです。ネット世代ゆえに、恋愛に限らず経験はなくとも知識だけは豊富に増えている世代です。必要以上に恋愛に対してのハードルが高くなり、「女って怖い」「傷つくならひとりでいるほうがマシ」と割り切るのです。

ゆとり男性と恋愛するには、ひたすら褒めて唯一無二である彼のことを大切に特別扱いするしかないでしょう。どんな自分のことでも許してくれる女性の姿に、彼らはちょっとずつ警戒心を解いていきます。絶食系男子を好きになれば長期戦は免れませんが頑張ってください。

よく読まれている記事