「気持ちは嬉しいけど・・・」男性が実はいらないと思っているプレゼント

男性にサプライズプレゼントをする女性

もうすぐクリスマスを控え、恋人への贈り物に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

恋人にプレゼントをするのは楽しいですが、選ぶのってなかなか大変ですよね。しかも、せっかく選んでお金をかけたものが、相手にとって「いらないもの」だとしたら……女性側も悲しいですし、男性側も困ってしまいます。

そこで、今回は、男性の声から、「男性が実は要らないと思っているプレゼント3つ」をご紹介します。ぜひプレゼント選びの参考にしてみてください。

「自分で選びたい」……名刺入れ

「男へのプレゼントの定番として、名刺入れってよくあるよね。でも名刺入れって、女性が思っている以上に男にとっては大事な『ビジネスの顔』になるアイテムだから、自分で選びたいな。会社によって、色とか形の『暗黙の決まり』みたいなものもあるし……」(27歳・証券)

なんと、男性へのプレゼントとしてかなり定番である「名刺入れ」がまさかの不評でした。

名刺入れは、社会人として挨拶する時や取引先との商談など、かなりビジネスシーンの重要な場面で登場するアイテムのため、できれば「自分で選びたい」と考えている男性が多いようです。

また職場によっては「派手な柄はダメ」「先輩より良いブランドを使うのは生意気」なんていう空気があったりするそうなので、そうした空気をよくわからないまま名刺入れを贈るのは避けるのが良さそうです。

「イマドキダサい」……ネックレス

「なぜかいまだに『男性へのおすすめプレゼント』に載っていて、ネックレスを贈ってくる人が居るけど、さすがにいまどき、ネックレスはなぁ……。休日にも付けないし、喜ぶのはロックファッションの人とかで、普通のサラリーマンにはいらないものになると思う」(26歳・金融)

男性へのプレゼントのひとつに「ネックレス」がよくありますが、今の若い男性ではなかなかネックレスをつける人はいないようでした。

そもそも、今は身の回りにお金を掛ける人も少ないので、シャツにチノパン等、素朴でシンプルな格好をしている人が多いですよね。だからなかなか、ネックレスが似合うようなファッションをしている人が少ないのかもしれません。

「気軽に着れない」……服

「クリスマスには良いブランドのセーターなど、着るものをもらうことも多いんだけど、もらった服って『汚しちゃいけない』とか考えちゃって気軽に着れなかったりして、結構使いづらかったりする」(25歳・広告)

最後は、クリスマスにはセーターやカーディガンなど、贈ることも多いであろう「服」。しかし、服はそもそも個人のセンスに合わせることが難しかったり、サイズが合わなかったりと何かと難ありですよね。

またそれらをクリアしたとしても、なかなか気を使って気軽に着れないなど、かなり微妙なアイテムのようです。

プレゼントするなら、気軽でいろいろな物に合わせやすい、ファッション小物の方がいいかもしれません。

いろいろと悩みがちな、彼氏へのプレゼントですが、職場や日常であまり表立って使うものは彼氏自身が選んだ方がいいのかも。さりげなくて、つかいやすいものが、受け入れられやすいのかもしれません。

よく読まれている記事